スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ウェーバーのトラブル(ポンプストローク)

ベンチュリ干渉に続いて、ウェーバー55Φにマイナートラブル発生です

2基のキャブにおいて、スロットル全閉時のポンプロッドの突き出し量に差がありました

 pumprodcomparison.jpg

ここで、ウェーバーのポンプ機構の作動原理を簡単に説明しておきます


ある一定のスロットル開度になると、スロットルシャフトに固定されるポンプロッドカム(下図①)が下がり、
ポンプロッド(②)も下がる(上の画像の突き出し量が減る)
同時にポンプピストンも押し下げられて、ガソリンがポンプジェットに送りこまれる

 55pumppiston.jpg

透視図だとこんな感じ
イエローの部分がポンプジェットまでのガソリンの流れです

 weberpump.jpg

全閉時の突き出し量が違ったり、作動するポイントに違いがあるとマズイわけです

解決策はポンプロッドカムを固定するボルトを緩めて位置を調整、これでOK!

意外に簡単ですが、今回は時間をかけて海外のディーラーにやってもらいました


・・・さて、この記事は15日朝9時の予約投稿にしておきました

その頃、僕はもう関東のどこかにいるはずです
「無計画停電」で交通網もズタズタの様ですし、最大の余震が来るとも予測されています
北関東はもちろん、都内ですら物不足になっているみたいですし
原発から100キロくらいの地域にも行くことになるでしょう

正直怖いですが・・・覚悟を決めての9日間
全力を尽くしてきます!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

マクラーレンF1GTR

V12エンジンの複雑で過激な音

(画面右下のYouTubeロゴをクリックすると別画面で開きます)

  

ドラッグRX7、エクリプス・・・

ギリギリ!

  



お問い合わせ、リクエスト、苦情はこちらまで!

ブログのTOPに戻る
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/03/15(火) 09:00:46|
  2. キャブレター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。