スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

イタリア製ソレックス"DDH"

ソレックスとミクニの記事ではソレックス本家仕様のPHH型に少し触れました

日本で作られたソレックスはミクニ仕様のオリジナルPHH型のみで、
サイズは40/44/50Φ
結果的にソレックス史上最も完成されたパフォーマンス・キャブレターになっています

下はソレックス本家44PHHの古いマニュアル表紙
ドイツ語で、たぶん1950年代のもの

 44PHHvergaser.jpg


今日はこのPHHではない、別の本家仕様ソレックスをご紹介しましょう

ウェーバーDCOE型に対抗するはずだったのがこれ、サイドドラフトのDDH
よくDHHと書かれていますが、DDHが正解
上の古いPHHよりはミクニ製ソレックスに似ています
性能もそれなりに良かったみたいですよ

45DDHpolish.jpg

DDHはVWのK7040Φ、1972年のWRCチャンピオンの
ランチア・フルヴィアには42Φが採用されました
また、BMW用のアルピナ製パフォーマンスキットには45Φx3連装というのがありました

アルファロメオ・ジュリエッタ等では新車時にウェーバーDCOE、
ソレックスDDH、デロルトDHLAの中からキャブを選択できました

 45DDHtriplealpinaB2.jpg

その他、ドイツのあるサイトは48Φに触れていますが、他を検索しても全くヒットなし
画像も見当たらないので、もの凄いレアモデルかきっと勘違いでしょう
また、ミクニのPHHとは40Φ以外で一つもサイズが合わないのも特徴です

ちなみにソレックスC45DDHというようにサイズの前に何故かCをつけます

これらの製造拠点は本社のあったフランスではなくイタリア
鋳物の高い技術があったのと、工場を取り巻く法律が甘いのがその理由
ブレーキキャリパーのブレンボやホイールメーカーの老舗がイタリアにあるのも
同じ理由だと思われます

 C40DDH french
作動原理はミクニ製ソレックスと同じ
ダイヤフラム式のポンプ系統という特徴も変わりません

ただ、ジェットなどのセッティングパーツがどこまで共通しているかは
よくわかりません

他にもサイド/ダンドラ共に面白いモデルがありましたので、後日書きます

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

フェラーリ・ミーティング、ドイツ

89台のフェラーリが延々と過ぎ去っていく動画
台数を数えてみるととても眠くなってきます

(画面右下のYouTubeロゴをクリックすると別画面で開きます)

  

アストンマーティン・バンテージGT4

V8ツインカムの音
フェラーリみたいな高音ともGT40みたいな野獣系とも違います
相変わらず撮影技術が高いClashproductionの動画でした

  



お問い合わせ、リクエスト、苦情はこちらまで!

ブログのTOPに戻る
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/03/08(火) 00:01:11|
  2. キャブレター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。