スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オートメーターDPSS

僕が始めて買ったハコスカにはオートメーターがついてました

シフトライト無しの86Φモデル、3991です

 3991.jpg

当時、「オートメーターにはレッドゾーン手前で光るライトがついてる!」と言われ、
一体どこが光るのか、一生懸命調べた記憶があります
インターネットもなく、雑誌にも輸入部品の説明などほとんどない時代でした
その後、オートメーター本社からカタログを取り寄せ、色んなモデルがあることを知りました


あれから20年近く経ち、オートメーターはすっかり定番として定着
今も人気の39043906などは全く姿と機能を変えていないのが驚きです

シフトライトを一般的にした127Φモデル、3904

 autometer3904.jpg

3906は"ピークホールド機能"、つまり最高RPMを表示する機能を備えています
外見上の違いは"RECALL"というスイッチが追加されただけ

オートメーターが発表する新ラインナップは基本的になくなることがありません
シフトアラームなど、廃止になるモデルはいくつかありますが

個人的には高機能モデルが好きです
でも、そういうのはやっぱり価格が高い!
また高いモデルほど凝りすぎたデザインになる傾向があります

例えばこういうの
 ultomate26883.jpg

最近のモデルをチェックする為、全製品の内容を久しぶりに確認してみました

そこで見つけたのがこの素晴らしいオプションパーツ
その名もDPSSデジタル・プロ・シフト・システムです

DPSSには3種類のタイプがあり、それぞれデジタルタコメーターとしても機能します

一番最初に出たパネルタイプはシンプルなシフトライト付きタコメーター、例えば3904などを
高度にコントロールするもの

 dpsspanel.jpg

次にメータータイプ
デザインと設置のことを考えるとイマイチですね

 dpssmeter.jpg

本命はこれ!

DPSSチューブ

 DPSS.jpg

シフトライト付きデジタルタコメーターとして機能し、コンパクトなボディに
便利な機能を秘めています
レベル1、2、3とありますが、"プレイバック機能"があるレベル3が絶対におすすめ
本体の色はブラックとシルバーから選べます

機能をざっと説明しましょう

デジタルRPMディスプレー ・・・ 中央のデジタルタコメーター、OFF機能もあり

8LED、7カラー ・・・ LEDカラーを7色から選択

マルチカラープログレッシブシフトライト ・・・ 段階的に色を変えながらシフトライト発光

マルティプルシフトポイントセッティング ・・・ 発光RPMを複数設定、ラインロックとの連動も可能

セレクタブルディマー ・・・ 明るさの調節

プレイバック(80秒) ・・・ スイッチを押してから80秒間のRPM変動を記録、後で再現できる


 DPSS2.jpg

なかなかの機能でしょ?

こいつが凄いのは全てのオートメーター製タコメーターに接続できること
繋ぐだけでプログレッシブシフトライト付きプレイバックメーターになってしまいます

これ、車内の雰囲気を変えますよ
そしてドラッグ/周回に関わらず、レースをする人には非常に役に立ちます

パソコンにデータ出力できるメーターもありますが、車内にノートパソコンって邪魔なものです
近いうちにスマートフォンと連動するようになるでしょう

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ポルシェGT3RS vs ダッジ・バイパー vs アウディR8

アウトバーンを3台が爆走
GT3のエンジン音はやっぱり最高だってことはわかりました
あとの2台はV10なんですけどね
ポルシェのフラット6の方が圧倒的に良い音がします

(画面右下のYouTubeロゴをクリックすると別画面で開きます)

  

フェラーリF355、社外マフラー

V8では3.5リッターぐらいが一番音が良いってことなんでしょう
途中で爆音になるので注意!

  



お問い合わせ、リクエスト、苦情はこちらまで!

ブログのTOPに戻る
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/02/23(水) 23:36:59|
  2. パーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。