スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ソレックスとミクニ

過去の栄光にすがる我らがウェーバー&ソレックス

インジェクションはもちろん、ケイヒンミクニスライドバルブキャブにも
もはやほとんどの局面でかないません
いや、イメージ、雰囲気、醍醐味以外では全面的に負けなんでしょうね
フィーリングは人それぞれの感覚なので勝ち負けはありませんけど

mikuni hsrs
でも今から10年後でもL6用燃料係の主役はきっとソレックス50Φだと思います
そしてGT40空冷VWのエンジン上にはウェーバーダンドラが居座ってることでしょう

インターネット以前の時代に口伝えで広がった評判を覆すのは難しい
ワインにおけるフランス、サッカーにおけるブラジルのようなもの
マイナーになっても名声は色あせることなく、時代遅れになっても栄光と歴史は
「定番」や「ロマン」という形で残ります

さて、そのウェーバー&ソレックスですが、海外と日本で評価が大きく違います
ソレタコデュアルって言葉があったように、70年代の日本では頂点だったソレックス
実はソレックスがナンバー1のキャブだった国は日本だけです

アメリカではホーリーが圧倒的
ヨーロッパではウェーバーが強く、レースではデロルトも有名
フランスのソレックス本家は割と大人しい純正キャブの生産がメインで、
レースやチューニングではイマイチ

日本ではラッキーなことに1960年代にミクニがライセンスを取得した為、
世界一品質の高いミクニ製ソレックスが作られ、普通に購入出来るようになりました

そのモデル名称はPHH
ソレックス44Φはミクニ44PHH、50Φはミクニ50PHHが正式名称です

PHHは元はソレックス本家の古い古いモデル名称
1955-63年のベンツ190SLなどの純正キャブでした
姿は皆さんお馴染みのミクニ製とは全然違いますよ

ソレックス本家バージョンの旧型44PHH

 old solex44phh

う~~ん・・・冴えない

さらに下の図、頼りないフロートと狭いチャンバーが気になります
また、丸い円盤のようなパーツ、"ディプレッション・チャンバー"って何でしょうか

 old solex44phh chamber

前にスペイン人のキャブレターマニアの在庫リストに"SOLEX 44PHH"とあったんです
価格を聞いたら1960年代の中古リビルトで2000ユーロとかバカなことを言ってました
このモデルのことだったんですね

ソレックス本家はPHH以外のパフォーマンスキャブも少し作っていました
もっと調べてから触れたいと思います

 44PHHkit.jpg

15年以上前、日本国内ではミクニ製ソレックスの価格が高騰し、
急に供給が悪くなりました
中国に生産ラインを移すとか何とかって噂があって、しばらくして新品の入手が
本当に困難になりました
でも当時のミクニ・アメリカンにはまだたくさん44PHHと50PHHが残っていて、
僕も300基くらい逆輸入した記憶があります
関東のあるショップでたくさん販売されていたのも同じルート
最後の方はハーレー用キットが残り、バラして販売って形になりました
やがて完全に生産が終わり、海外の在庫も完売・・・

でも、アメリカのどこかの倉庫にきっと新品が眠っていると思うんですよね
50Φの新品がごっそり出てきたら最高ですけど、日本にはまわって来ないかも
アメリカの熱いDATSUNマニアの方々が高く買い取ってしまう気がします

ここまで書いてから見付けましたが、こちらのサイトにソレックスとOERについて
写真付きで書いてありました
懐かしいパーツの写真がいっぱい
80年代のCB誌の後ろの方にあった広告を思い出します

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ポルシェ997GT3カップカー VS レクサスLFA

10分近くの戦いの結果は?
恐らく全く仕上がっていないだろうLFA、なかなかの速さを見せます
GT3とはベース価格が全然違うので当然かも知れませんけど

(画面右下のYouTubeロゴをクリックすると別画面で開きます)

  

フォードGT40

アップロードから2年、まだ1400回位しか再生されていない動画

でも

GT40の動画でトップレベルのナマナマしいエンジン音!
エンジンかけて切り返ししてゆっくり走り去っただけなのに・・・

  



お問い合わせ、リクエスト、苦情はこちらまで!

ブログのTOPに戻る
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/03/03(木) 07:00:33|
  2. キャブレター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。