スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

スプライン

この7本のスプライン、それぞれ何のヤツかわかります?
全て見当がつく人はチューンドカー好きのレベルを超えてると思います

refsplinetop.jpg

特殊なのも混ざってますからね


答えはこちら

refzoom7top.jpg

ちなみにスバル=BRZ、日産=RB、マツダ=FD、トヨタ=1JZ、
ホリンジャー=RB、ゲトラグ=80スープラ、レンコ=ファニーカー

あたりが使用対象だったり、これらを外してきた元ミッション/車両です

マツダのは本当にショボイですね・・・
また、BRZ/86のコストダウン具合はここを見ただけでも察しがつきます
トヨタの普通のFR車よりは確実に強度がなさそうです

そんな大量生産品のことはほっといて

7本の中から、ゲトラグとホリンジャーのアップを見てみましょうか

refgetragholinger.jpg

ホリンジャーはトルク100キロ対応で200~300万円クラスのミッションなんですが、
それと比べても80スープラ用ゲトラグはオーバークオリティ
純正ミッションとしては別格なパーツが一部使用されていたことがわかります
ギア比のせいで競技性は全く欠けてますけどね


そのゲトラグと比較してもあまりにゴツいのがレンコ
3000馬力オーバーを受け止めるにはこういうパーツが必要になってきます

reflencogetrholr.jpg


レンコにも種類があって、RB用とV8用ではこんなに違いました
RB用は3リッターターボのトルクに負けて溝が歪んでしまっています

reflencorbv8.jpg

今日はまた地味にマニアックかつ色合いの悪い記事になってしまいました
でも、純正パーツと競技用パーツの違いがよくお分かりになりましたよね

と、ここまで書いたところである方から以下の画像をいただきました

refferrarispline.jpg

レンコの様なゴツさですが、90年代のフェラーリV12用ですって
カッコいいですね・・・
調べてみたら500馬力以下のNAエンジン用、内製ミッションでこれ
さすがレーシングチームあがりのメーカーだな、と思いました



7本のスプライン写真を撮った日、ある有名チューニングパーツ屋さんの話が聞けました
どうやらかなり有望な大物パーツの開発が進行しているようです
ソレが国産で汎用性を保ったまま、その価格帯で出てくれたら・・・国内外に売れる!
国内メーカーからそういうアグレッシブな話って聞かなくなって久しいので、何だか嬉しく思います
発表されそうになったらすぐに海外プロモーションしますよ!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ロールゴルフ・イン・アクション

はははははは!コイツは楽しそう
彼らは他にもアホなことばっかりやってます

(YouTubeロゴをクリックすると別画面で開きます)

  

2ストローク・V8

V8になっても2ストらしさは何ら変わりませんね
素晴らしいレスポンス、美しいチャンバー

  



取り扱いパーツの一覧

お問い合わせ、リクエスト、苦情はこちらまで!

ブログのTOPに戻る
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/04/20(日) 23:06:24|
  2. クルマ全般
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。