スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シャフトレス・スロットルボディ(L6用)

先日入荷した数セットのシャフトレス・スロットルボディ

その中に6気筒用がありました

refl6topgif.gif

日産L6エンジン用の専用キットです


サイドドラフト・モデルでは最大の48Φ

50Φに慣れたL6の皆さんには物足りないサイズに感じるかも知れませんが、
このシャフトレス・デザインだと48Φでもソレックス50Φを余裕で上回る流量を誇ります

refoffhorn2.jpg

個別に指定出来るエクステンションチューブとファンネルの長さは各70mm/60mm

refshatl6dia.jpg

部位の名称はこちらの図の通り
ブルーの部分だけが本体で、厚みはわずか35mmしかありません

shlstblength.jpg

ファンネルを外し、エアボックスのバックパネルを挟み固定できる仕組み

refoffhorn.jpg

シンプルで剛性があるリンケージ

reflinkagegif.gif

リンケージに存在感がないのは個人的に好き

refhalf1.jpg

フューエルデリバリーパイプはポートのセンター間に合わせて設計のワンピース構造
黒いところがスロットルポジションセンサーの取り付け部

reftps2.jpg

ちなみにこちらがウェーバーとTWMのスロットルボディ
クリックしてみてください・・・ザ・鋳物って感じですよ

refwebertwm1.jpg

エンジン内部に徹底的にこだわっても、肝心なパーツでデチューンしたら
本当にもったいない

このシャフトレス・スロットルボディはソレックス50Φの中古キットより
ずっと安く購入できて、性能でも品質でも上回ります
しかも重量は半分以下、ジェットを揃える必要はなくなるし、
パーコレーションの心配も要りません

また、ソレックス/ウェーバー用のインマニに装着出来るよう設計しました

ヨーロッパのラリー、ツーリングカー、ヒルクライム、フォーミュラカー等の
世界では相当メジャーなこのブランド

今後は日本でも実績を積み上げていくことでしょう

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

デヴィッド・ヴィザード、525CID

デヴィッド・ヴィザードはポート加工とかキャブレターの本をたくさん出してる有名な人
普通のハイオクで788馬力、450RPMでアイドリングしています
エンジンの排気量は525CID、つまり8.6リッター
ファニーカー/トップフューエルの500CID(8.2リッター)より大排気量の巨大なV8
大学の教材用に組んだものだそうです

(YouTubeロゴをクリックすると別画面で開きます)

  

プロスピード・アウディ・クワトロS1、ヒルクライム

僕にとってはターボカーとはアウディ・クワトロのことです
今のアウディには好きになれる要素が完璧にゼロですけど

  



取り扱い商品の一覧

お問い合わせ、リクエスト、苦情はこちらまで!

ブログのTOPに戻る
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013/03/22(金) 23:18:05|
  2. スロットルボディ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。