スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ウェーバーのブランドライセンス

フランスやイタリアの高級服飾ブランドも7、8割の段階までの
製造を中国で行っている時代
それでもクオリティを下げずにブランドバリューを維持しているのは見事です
似たようなことが、キャブレターの製造においては上手くいっていません
ホーリーは中国で製造を開始してからとても評判が悪くなりました

ウェーバーも同様です
あくまで別製品という形ですが、明らかにコピーである中国製が
たくさん出回っており、それに対するウェーバーの姿勢は常に曖昧なもの

中国製ウェーバーコピーの中でもメジャーなのがEPC
空冷VWパーツで知られるEMPIが堂々と製造販売しています


· EPC 32/36
· EPC 38
· EPC 40HPMX
· EPC 44HPMX

このうち、HPMXというのはIDFのコピーで、アメリカでは既に
けっこうな数が販売されました


その外観はまるっきりIDF
 Empi40HPMX_s.jpg
 Empi40HPMX2.jpg

鋳肌もキレイだし、かっこいいんですけどね
鋳物の耐久性や加工の精度に問題がある様です
それほど走っていないのにボディにクラックが入ったとか、
セッティングが決まらないとか、海外の掲示板には
品質に関する書き込みがいっぱいありました

昔、ウェーバーがスペインに移った時と同じで、経験を積めば改善するんでしょうけど

これが中国ではいくらで売ってるのかというと

上海、100個/ロット、70ドル~
 idf2.jpg

上海、200個/ロット、50ドル~
 idf4.jpg

めっちゃ安い
でも、IDFの劣化コピー200個とか・・・
とても取り扱う気持ちにはなれません

これら中国製にはウェーバーのロゴは一切入っていないので
すぐに区別がつきますし、そもそも箱から違います

本物ならこの"ウェーバーカラー"か

 weber box_s

親会社のマニエッティ・マレリのロゴ入りの箱に入っているはず

 magneti_marelli.jpg

ただし、このマニエッティ・マレリはとてもイタリアンな会社らしく、
ウェーバーのブランドライセンスの扱いとか超適当です
中国製はほったらかし、アメリカで作られているコピーがずっと野放しなのも
この親会社のせい

更に北米における総代理店にもやりたい放題させていますね
おかげで南アフリカ製の適当なキャブが正規品として販売されるありさま
ソレックスのジェットが純正で装着されてたりしてもうめちゃくちゃ
外箱にウェーバーのステッカーが貼ってある以外は、ボディにもウェーバーのロゴはなし

 34southafrica.jpg

こっちは同じモデルのスペイン製
全然違います

 34spain.jpg

「イタリアで設計されたスペイン製のみがウェーバー」という
線引きをするべきだと思うんですが・・・
やっぱりマニエッティ・マレリが買収された方が良いのかも知れませんね

最後は正規品のロゴ位置の例です
これがなければ出所が怪しいと思って下さい

 weberlogox4.jpg


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ジャガーV12

6基並ぶIDF
このタペットカバーはシングルカムですね

(YouTubeロゴをクリックすると別画面で開きます)

  


女性ドライバーのアクシデント集

アメリカではアジア人ドライバー=マナーが悪い、
女性ドライバー=間抜けなアクシデントを起こす、
ってことになってます

  

確かにヒドイ・・・



お問い合わせ、リクエスト、苦情はこちらまで!

ブログのTOPに戻る



関連記事
スポンサーサイト
  1. 2010/12/18(土) 13:53:21|
  2. キャブレター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。