スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ストリートドラッグ2

真冬の恒例行事とも言うべき、某所での某集まりを見物してきました

reflightsonroad.jpg

冬の夜中に外出するのは嫌なんですが、
たまにはキャブレターの音を聞くのもいいでしょう


熱帯通いの影響か、すっかり寒さに弱くなってしまった僕
この日、付き合ってくれたのは生粋の熱帯育ちのタイ人、ペック

彼は昨年7月に来日、名古屋の強烈な熱帯夜に苦しみ、
つかの間の秋を経て、生まれて初めて触れた雪に大興奮
・・・その翌日にはかなりウンザリしてましたけど

もちろん、この晩もペックには重装備で来るように言っておきました
僕らの大人しいファミリーカー内は実に快適
予定より少し遅れてノンビリと現地付近に到着

しかし、期待していたL型乗りの皆さんの姿が全く見当たりません

いたのはRBや2JZの凄く速そうな数台
傍らには雑誌にもよく顔の出る有名なチューナーの方々

カリスマチューナー氏によると旧車の面々はまだこれからゆっくりご登場、とのこと

とにかく寒いので近くのコンビニまで一旦戻ることにしました

以前、ここの駐車場は車がいっぱいで活気にあふれてました
いつからか、そんな面影はなくなっています

代わりに駐車場のど真ん中にパトカーが・・・
refpolicecar.jpg

まず、ドリフトがちょっとキツメに取り締まりを受けた様子
路面のキャッツアイも増えてましたし
マナーが悪かったのか、こういう遊びの必然の結果なのか、
反社会的な遊び場がまた減ってしまったんですね

政治がどうであろうと、こういう意味では日本は躊躇なく"マトモ"になっていく
それに比例してますますつまんなくなっていく

よく「日本ほど娯楽が豊富な国はない」なんて書き込みを見かけます

本当にそうでしょうか・・・日本の素晴らしい娯楽って何?
「飲食店、クラブ、スポーツ施設、レジャー施設、ショッピング、ギャンブル、風俗」
こういうの?

この中で日本が世界一なのは恐らく「ギャンブル」だけ、これはもうダントツ
飲食店のレベルは多くの日本人が思っているほど優れてないですね

これが車関係になると、日本は更に難しい国
公道で危険なことをしてはいけないのは当たり前
迷惑行為も騒音もダメに決まってる
車検も税金も免許の取得も世界で一番お金がかかる

refkinshi.jpg

あまりマトモじゃない国からやってきたペックは
「日本人が真面目すぎて悲しさを覚える」と日頃こぼしてます

さて、コンビニでぶらぶらしてると一際目立つイエローのクーペが
走り去っていくのが見えます
ハンドルを握るカリスマチューナー氏に電話をすると、
「寒いし自分が走らない日はつまんないから帰る」
「そろそろLが始まるよ」との回答

慌てて奥地に戻る僕ら

いつの間にかL型の轟音に包まれ、
あの独特の空気が濃くなっていきます

スタート地点にはクリスマスツリーもある

時計を見るとまだ真夜中、落ち着く時間じゃないかな

僕はペックに言いました
「15分くらいしか猶予はないと思う」

走ってる人達は当然分かってるでしょう
Z、ハコスカ、ヨンメリと立て続けにウォーミングアップを開始

ref30zonroad.jpg

凄いですね
最近のフルチューンはみんなドグミッション
バックする時にガギンって良い音がします

そして12、3分ほどが経過した頃・・・

「XXXXだ~!!」

素早く片付けられるクリスマスツリー
速やかに撤収する旧車たち
張り詰めた空気は慌ただしさに一変しました

それを眺めながらゆっくり車に戻る僕ら

夜は始まったばかり
本当に見物なのはきっと朝陽が登る頃

でも、僕らはすっかり満足して帰路につきました

refhakosukaonroad.jpg

翌日の午後、ペックからLINEでメッセージが届きました

「昨夜のお陰で日本のことがもっと好きになったよ」

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

S30Z、Lメカ

ある日、ある場所で撮影しました

(YouTubeロゴをクリックすると別画面で開きます)

  

スプリントカー・エンジン

410ciって7リッターくらいでしたっけ
レースカーのエンジンはとにかくパーツが綺麗

  



取り扱い商品の一覧

お問い合わせ、リクエスト、苦情はこちらまで!

ブログのTOPに戻る
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013/01/24(木) 13:21:27|
  2. ドラッグレース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。