スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ロバート・ジャンケル

久々にちょっとマニアックな自動車人を紹介します

refpan6b.jpg

ロバート・ジャンケル、英国人、1938~2005年


16歳で初めての車を改造し、順調に車キチガイの道を歩み始めます

が、すぐに家族が営むファッション・ビジネスに強制参加
ファッション・デザイナーとして活躍する傍ら、車道楽は続きました
24歳の時に有名ミュージシャンの娘と結婚

refrobertjankel.jpg

華やかな世界の人だったんでしょうね

1970年、自らレストアした1930年型のロールス・ロイスでの
スペインへの初ロードトリップの最中、
闘牛士が彼のロールスを高額で買い取ったところから人生がズレていく

すぐにファッション業界から足を洗った彼は
かねてからの夢だったキットカー造りに没頭

1972年、パンサー・ウェストウインズ社を設立

日本語ウィキペディアに記事があったので驚きました
奇特な筆者もいるもんだ・・・なんて言う資格は僕にはありませんが

パンサー(豹)と名付けたのはジャガーのパロディですね

ジャガー、フェラーリ、ブガッティなどのクラシックスポーツカーの
レプリカ・キットカーを次々に製造していきます

そして極めつけは1977年のパンサー・6

refpan6a.jpg

あのティレルF1からインスパイアされた6輪車

refpan6c.jpg

8.2リッターのV8ツインターボを搭載したミッドシップ車両で、
2台のみ製造されました

1979年にパンサーは倒産、安く買収した韓国人が経営を続けます

パンサー・ソロの名前で「チープ・フェラーリ」を目指したモデルを企画
すぐにプロトタイプが造られましたが、いきなりデビューしたトヨタMR2によって
大きなダメージを受けます

refpansolo1.jpg

エンジンを変えたり、4WDにしたり、リアシートを追加したり、
様々な変更を加えたソロが販売されたのは1989年
価格は当初計画の約2倍、品質は最低、誉められるのはハンドリングだけ・・・
20台前後を製造し、パンサーブランドは消滅しました

refpansolo2.jpg

一方、パンサーから既に解放されていたジャンケルさんはその後もなかなかしぶとい

ロールス、ベントレー、ベンツ、レンジローバーなどの改造車両を手掛け、
特にロールスロイス・シルバースパーは年間100台以上さばいてました

更に1992年、彼が改造したスーパー・コルベット、
ジャンケル・テンペストが0-96キロ加速でギネスブックに載りました

reftempest.jpg

その後もストレッチ・リムジンや警察車両の特装ビジネスを順調に行い、
2005年にガンで死去

67歳

太く短く、に入るかな

もう少し運があったら、かなり有名になっていたことでしょう

彼もやっぱり熱い情熱の人でしたね

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ムルシエラゴ・LP670-SV、女性ドライバー

白が一番似合いますね、ムルシエラゴ
ランボルギーニの中では僕はダントツで好きな車

(YouTubeロゴをクリックすると別画面で開きます)

  

パンサー・6

後半にロバート・ジャンケルも出ています

  



取り扱い商品の一覧

お問い合わせ、リクエスト、苦情はこちらまで!

ブログのTOPに戻る
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013/01/11(金) 23:44:43|
  2. カリスマ達
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。