スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

セイ・ヴァルヴォーレ

最近、燃費以外のエンジン特性をアピールする日本車が減りましたね

とても寂しく思います

refvalvolegif.gif

エンジンは地球上に最も普及したアナログ機械ではないでしょうか


マニア受けする幾多のエンジンが製造されています

このブログにおいても、W9型H16型6ローター12ローターなど、
いくつもの芸術品の様なゲテモノを紹介してきました

国産メーカーの実績もかなりのものです
ロータリー、VTEC、小排気量ターボ、直噴、ハイブリッドなど、
欧米では普通じゃなかったエンジンが真っ先に大量生産されたのがこの日本

トヨタはハイパワーの為ではないDOHC4バルブを量産化し、
DOHCという響きを陳腐化させましたね

また、1989年には三菱が世界初の5バルブエンジンを量産、
1991年にはトヨタ・レビン/トレノ(AE101)も5バルブでデビュー
当時、クラス最強どころか2リッターのルノークリオすら圧倒するほど速かった、
シビックのVTECに対抗する為でした
世界的なドリフトブームの一因となったあの漫画のAE86に文太が載せたのも
この4A-GE・5バルブですね

AE101はいろいろ残念なモデル
ヤマハのFZ750等のイメージで5バルブを使いたかったんでしょうけど、
一般的な顧客ニーズからは相当ズレていました
5バルブはVTECに比べると小手先感が拭えません
あの時に勇気を持ってクーペのみFRに戻し、ターボグレードを設定していたら・・・
トヨタのイメージも随分違ったものになったはずです

その後、フェラーリまでもがF355他で5バルブを採用
更にアウディ/VWは本格的に5バルブを量産しました

現在はF1エンジンですら絶滅した?5バルブ
実際の効率はどうだったのでしょうか

以下のデータが参考になりそうです

「真円ピストンにおける有効面積率」
valvesefficiency.jpg
各バルブは全て同じサイズという条件付き、
バルブサイズを2種類にすると有効面積率はむしろ悪化します

何と4バルブと5バルブでは同じ数値で、それ以上の改善は不可能
当然、各メーカーもわかっていながら挑戦していました

その後、バルブやバルブスプリングの材質、形状などが改善、
「バルブを軽量化する」目的が4バルブでも十分に達成された為、
コストのかかる5バルブのメリットは本格的に消えました

もちろん、6バルブ以上になるとますますメリットはなくなります

しかし

ハッタリなのか、話題作りなのか、6バルブを試作したメーカーがありました

それは長い長いどん底の末期にあったイタリアの名門、マセラティ
maser36v2.gif
1985年、2リッターV6ターボ・36バルブの「4AC」と呼ばれるエンジンを製作

maser36v1.jpg

凄くカッコいい燃焼室ですね・・・

真面目な話をすると、バルブの軽量化だけではなく、
6バルブのポート形状がもたらす均一な吸排気によって、出力/燃料消費の向上と
排ガスのクリーン化を狙っていました

maser36v3.gif

中央のバルブだけ吸排気共に角度が異なります

maser36v4.gif

目的がどれほど実現されたかは分かりませんが、アップアップだったマセラティに
そんなお遊びを続ける余力などなく、試作エンジン数基だけでお蔵入り

30年近く経つ今まで、誰も6バルブを試さないのが答えなのでしょう

1993年にフィアット傘下に納まり、1997年にはフェラーリ傘下に「移籍」
以降のマセラティはフェラーリのV8を積んだゴージャスなクーペとサルーンを造る
ラグジュアリーブランドとして復活
それまでのゴテゴテのゴミ車と同じメーカーとは思えない、名門らしい姿を見せています

過去の栄光が最後の資産だったという好例です

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

FISCO、フェラーリF355

常にハズレのないF355動画
必ずいい音がする
5バルブの影響があるのかは知りませんが

(YouTubeロゴをクリックすると別画面で開きます)

  

ボンネヴィル・ソルトフラッツ、世界最速バイク

区間平均速度601キロ!
こんな恐ろしいものをよく運転しますよね
オートメーターDPSSを装着しています

  



取り扱い商品の一覧

お問い合わせ、リクエスト、苦情はこちらまで!

ブログのTOPに戻る
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/12/06(土) 13:30:39|
  2. エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。