スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

WRC・メモリー

最後の砦だったフォードも自ら契約を打ち切り
ついにWRCから全ワークスが撤退してしまうんですね
今回はもうダメかもしれない

refgrbgif.gif

真の運転技術ナンバーワンを競うラリーの世界、思い返せば様々なことがありました


子供だった僕が記憶しているのはグループB(1983~86年)の末期あたりからです

当時はプジョー205T16が絶対正義、アウディ・クワトロはまさに滅びゆく恐竜

最終年はトイボネンが事故死したり、フォードが観客を巻き込んだり
日本ではあまりはっきり放送してくれませんでした
そして気付いたらやたらショボいグループAになってたんですよね

・・・数年後にはグループBより速く、スペクタクルになりましたけど

あの頃はキャラの立ったドライバーがたくさんいました!

グループB時代からの凄腕のオッサン達、バタネンカンクネンビアシオン
サインツオリオール、エリクソン、デルクールマクレーら新しい才能が挑む

グラベル&スノーでもラテン系ドライバーが勝てるようになり、
スカンジナビアンもターマックを苦にしなくなっていく

ランチア対トヨタ、それに続くフォード、スバル、三菱、続けなかった日産

refgrawrcgif.gif

ランチアお抱えかつ唯一のイタリア人チャンピオンであるビアシオンを
馬鹿にする歌ってのがあって、フランス人が大合唱してたそうです

モデルチェンジする度に速くなっていくセリカ
轢かれたらいかにも痛そうなゴツゴツなインテグラーレ

1993年のニュージーランド・ラリーでのスバル&マクレーの初勝利
今もどこかに録画ビデオテープが残っています

めちゃくちゃ上手かったデルクール・・・
F40で事故ってチャンピオンになれなかったのが本当に残念(1994年)
なぜか自動車評論家の国沢光宏氏がWRC番組のレギュラーになり、
ラリー取材のプロに向かってずれた発言を繰り返し、全否定されてたのが笑えました

1995年、トヨタのレギュレーション違反が発覚
ランチアなんてもっとエゲツないことを散々やったはずですけどね
母国イタリアのラリーでは無敵のエンジンパワーだったし
でも、トヨタ自動車の研修施設に勤務し、会社嫌いになっていた僕は
実に爽快な気分でした(社内では全くニュースにならず)

この後、マキネンの4連覇が始まって次第につまらなくなっていく

2005年のリチャード・バーンズの病死を悲しんでいたマクレーも
2年後にヘリコプターで事故死

この辺で僕のWRCへの関心は完全に消えました

いつかツール・ド・コルスを現地で観たかったのに
今はアルプスのマイナーなヒルクライムの方がずっと純粋で刺激的じゃん、
なんて思ってしまいます

現行のWRCカーは来年になったら単なる型落ちのラリーカー
グループB車両の様なレジェンドにはなれないでしょう

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

セバスチャン・ローブ、Xゲームス

史上最強のラリードライバー、ローブ
来年はスポット参戦のみなので、新しいカテゴリーでどんどん走って欲しい

(YouTubeロゴをクリックすると別画面で開きます)

  

グッドウッド・フェスティバル・2011

バトンが駆るマクラーレンMP4-12Cのタイムを800馬力のセリカが上回るのは当たり前
このマクラーレンは目をつぶってたらノーマルのコルベットとあまり変わらない音ですよね
V8ターボのスーパーカーなんて誰が欲しいんでしょうか

そして古いレーシングカーをワラのブロック越しに観る臨場感
危険なのでF1のタイム計測はしていません
このイベント、どう考えてもF1を観に行くより楽しい気がします

  



取り扱い商品の一覧

お問い合わせ、リクエスト、苦情はこちらまで!

ブログのTOPに戻る
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/10/16(火) 23:40:12|
  2. クルマ全般
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。