スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

GO・エレクトリック

車への趣味的な要求は人それぞれです

僕の場合は「姿、音、シンプル、刺激」の4点で、
これがスポーツカーの個人的な定義でもあります

refcoolcarsgif.gif

スポーツカー以外の車は今後どうなるべきでしょう?


人や物の運搬用、日常使用、緊急車両、単純な移動用・・・

それぞれ重要な車達ですが、ガソリンやディーゼルである意味はないですね

重要なのは経済性、信頼性、燃料供給の便利さ、排ガスのクリーンさ

ガソリンも軽油も高すぎですよ
複雑な事情があるのでしょうが、「円高が全く還元されていない」というのが
我々庶民の正直な意見ではないでしょうか
減税を掲げながら消費税をアップした嘘つきにみんなもっと怒っても良いと思います

国内に資源がある天然ガスのインフラを隅々まで整えるべきなんですが、
国家の都合、企業の言い分、既得権益がたくさんあって先に進まない
それどころか、仕分けの対象にしてしまいました

アメリカのガソリンスタンドでの1リッター辺りの価格
gaspricecng.jpg

限定的ですが、簡単な逃げ道もあります

EVコンバージョン → ガソリンエンジンを電気モーターに載せ換えること

技術的には実に簡単で、お金さえ払えばすぐに改造してもらうことが出来ます

僕はハイブリッド車には凄く抵抗があります
まず、複雑なシステムが嫌
技術革新における潔さがない

EVこそ、真のピュアな乗り物だと思うのですが、現状では色々問題があります
簡単にまとめてみました

デメリット

巡航距離が短い、荷室が狭くなる、冷暖房を使うと電力消費が早い、
充電に時間がかかる、重量増、改造費用


大半はリチウムイオン・バッテリーを採用すれば解決するんですが、
それでも頻繁に300キロとか走る人には無理がある

年に数回、雪山や海に行くなんて場合はレンタカーで済むので、
燃費の差を考えたら数回のレンタカー代の方が絶対に安く済みます

EV最大の課題はリチウムイオン・バッテリーの価格
高いけれど、鉛バッテリーより軽く、耐久性があって、
充電時間が大幅に短いという素晴らしいポテンシャルを持ちます

もちろん日本の市販EVもリチウムイオンを採用しています

日産リーフ三菱i-MiEVはそれぞれ24kWh、16kWhの大容量を搭載
リーフはバッテリーだけで300kgあるという噂

リーフのレーシングカー、カーボンボディで市販車とは全くの別物
leafbkk.jpg

性能ですが

エアコンなし、市街地だとリーフは200km、i-MiEVは120kmの連続走行が可能
急速充電30分で80%復活するそうなので、そんなに不便とも言えません

まずはこの辺が基準ですね

さて、海外のEV用リチウムイオン・バッテリーを探すと

・・・3kWh強のものを発見

ref3kwhbattery.jpg

重量26キロ、価格は8万円以下(送料別)

8個でリーフ、5個でi-MiEVと数値上は同等になります

ちなみに上の2車種は国からの補助金を適用しても300万円前後する高価格車

新車でEVを買うより、EVに改造する方がずっとずっと安く済むってことです

メリット

燃費の劇的な向上(1円/1キロ)、動力性能/信頼性/静粛性/重量配分の改善、
メンテナンスが楽になる、排気ガスが出ない、自宅で充電できる


これを活かすのは車種次第

古い車を長く乗りたい、日常的に乗りたいなんて人に最適

そういう車は普通に修理するよりEVにしてしまう方が安い場合もあります
特に輸入車はそうですね

前にCOEのことを書きましたが、ボディデザインに最大の魅力がある車は
エンジンに拘る必要はないでしょう

中途半端に古い欧州車などには、ボディは決して悪くないけど電装系や補機類が弱く、
修理するとお金がかかるので二束三文で処分、なんてケースがあります
BMWなんてそういうことがたくさんあったのでは?

古いポルシェやVWバスが欲しくても空冷のエンジン音が近所迷惑だったり、
メンテナンスが気になるから諦めるって人も多いみたいですね
僕が最初にEVコンバージョンの写真を見たのは20年位前、VWバスでした

トヨタ・ヴィッツのEV、ガラガラのエンジンルーム
vitzev.jpg

EVにすることで、燃費が激安になるだけでなく、機械的なトラブルが減ります
エンジン本体だけでなく、オルタネーター、セルモーター、ラジエター、点火系、
吸排気系、燃料タンク・・・ごっそりなくなりますから
車両火災もまず起きません

いつか、リチウムイオンより高効率、軽量、安価なバッテリーが現れた時、
一気にEVが普及するはず
国産車のラインアップが全車EVになる時が来ます

夢があるのは、古い車にEVとして新たな命を吹き込めること

EVのレーシングカー、製作中の様子
evracerref.jpg



太陽光発電パネルは近い将来すごく値下がりするみたいです
EVとセットで普及すれば、自宅で充電する限り燃費ゼロに近くなる
車のルーフに後付けできる柔軟な太陽光発電シートとか面白い
電力会社の儲けを減らすものが無事に済むとは思えませんが・・・

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

BMW・ジャッドV8、ヒルクライム

ガソリンは効率よりも音質がとにかく最強

(YouTubeロゴをクリックすると別画面で開きます)

  

シェルCM、公道のフェラーリF1

芸術的なフェラーリF1のエンジン音

  



取り扱い商品の一覧

お問い合わせ、リクエスト、苦情はこちらまで!

ブログのTOPに戻る
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/10/09(火) 12:20:01|
  2. クルマ全般
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。