スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ワールド・タイム・アタック・チャレンジ

こっちの方が1日早く行われたのですが、パイクスピークを優先してしまいました

ワールド・タイム・アタック・チャレンジ、別名WTAC、もしくはスーパーラップ

wtacgtf.gif

オーストラリアでのタイムアタックの祭典、今年で10回目
今や日本の有名チューナーが1年で最も躍動する日かも知れませんね


昨年、一昨年は日本とアメリカのチューナーが席巻したWTAC
今年は地元オーストラリア勢が強烈に巻き返しました

会場はシドニーから西へ約40キロのイースタン・クリーク

参加車両は

プロ・19台、オープン・52台、クラブスプリント・25台、ドリフト・29台

ランエボ、スカイライン、シルビアで全体の8割を占めます

evoprecision.jpg

頂点のプロクラスの結果

オージー1、2、3フィニッシュ
4、5、6位に日本勢、7~10位もオージー


タイムがめっちゃ伸びてます
昨年よりトップが3秒も速い
4位に入ったスコーチさんでも昨年の優勝タイムより速い

このプロクラスにおいてのレギュレーションは簡単

安全装備等をみたしていればほとんど改造は自由
ただし、市販車両ベース、燃料はガソリンのみ、NOS禁止、ツインエンジン禁止
冠スポンサーであるヨコハマのタイヤを使うべし


evocyber.jpg

パイクスピークのタイムアタックとかPPオープンと同等でしょうか

こういう過激なものに熱くなるのは大賛成ですが

モナコGPやルマン24時間以上に歴史の長いヒルクライムレースに
世界中からモンスターマシンと超一流ドライバーが集まってる
今年からはオールターマックで言い訳無用、エントリーも簡単


パイクスピークはそんな存在

WTACに何度勝ってもパイクスピーク1勝の価値はないでしょう

来年はぜひ、「ホンデー」をやっつけて欲しいものです

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

CyberEvo、エアロ説明

2年連続トップタイムのサイバーエボ
今年は残念ながらエンジントラブルで走れませんでした
凄い派手でいい感じのエアロですね
グループBを思い出します
ただし!この翻訳者はいただけない
普通に字幕を入れたら良かったと思います

(YouTubeロゴをクリックすると別画面で開きます)

  

CyberEvo、WTAC2011

昨年のウィニングラップ

  



取り扱い商品の一覧

お問い合わせ、リクエスト、苦情はこちらまで!

ブログのTOPに戻る

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/08/14(火) 20:47:23|
  2. クルマ全般
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。