スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キャブ・オーバー・エンジン

アメ車ってボディのバリエーションが本当に多い
名車の影に大量の珍車が隠れています

COEGIF.gif

その中で「ある年代のトラック達」には極めて魅力があると思います


1930年代後半から50年代にかけて、世界恐慌と第2次世界大戦を
乗り越えたアメリカが絶頂期を迎えていく時期

当然、車はめちゃくちゃ売れる
スポーツカー、セダン、ワゴン、商用車、自由なデザインが続々と生まれました

特に当時のダッジとフォードのトラックは異様に可愛らしく、
VWタイプ2のピックアップを上回る存在感があります

先月29日のアメフェスにも1台来てました

2011年のアメ車部門で1位受賞のこの車

ダッジ・COE、1944年式
dodgecoe2_s.jpg

dodgecoe1_s.jpg

COEとはキャブ・オーバー・エンジンの略、意味は「運転席の下にエンジンがある」
日本のワンボックスや大型トラック、軽トラもCOEと言えます

COE、ボンネットを問わず魅力的なトラックがたくさんあるんですが、
個人的には1930年代のフォード・COEが一番好きですね

フォード・COE、1938年
1938fordcoe.jpg

フォード・COEのレッカー車、1938年
1938fordtow.jpg

フォード・COEの大型車載車、1938年
1938fordcoebig.jpg

シボレーはちょっとカッコ良すぎて趣味じゃない感じ

シボレー・COE、1944年式
1944chevycoe.jpg

古いCOEはアメリカでも人気で、悪くないベース車両がたくさん残っています

COEに限らず、こういう古いトラックを日本で乗るにはEV化がいいと思うんです

V8の代わりに電気モーターをぶち込んでプラグインEV化
バッテリーは荷台フロア下にたっぷり載せることも出来ますが、
高価なリチウム電池で走行距離を延ばすよりも、レンジエクステンダーとして
LPG仕様の小型エンジンを後ろに搭載したら更に万能
冷暖房の心配がなくなるし、排気音はきっと聞こえません

雑誌を読まない僕が知らないだけで、そういう感じのカスタムカーが
もうたくさんあるのかも知れませんけど

ボディサイズに制限が大きいスポーツカー以外はEVの方が楽でしょ
僕はセダンやワゴンでパワーを求めたり、スピードを出すのは全否定ですから



近所でまた火事がありました
信号待ちのバイクから出火した模様
「ハーレー以外にそんなことはあり得ない」なんてある方が言ってましたが
・・・どうでしょう(笑)

路面に水を播く消防隊員、事情聴取を受ける持ち主
IMAG7609_s.jpg

車から出火すると本当にあっと言う間に全焼しちゃうことがあります
特に後ろにエンジンがあると煙が大きくなるまで気付きにくい
燃料系の配管は手を抜かない様にしてくださいね

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

OMRアルコール・ファニーカーのバーンナウト

本当はこの後の併走スタートも撮影したんですが、
何と痛恨のメモリーオーバーで記録出来ず・・・

(YouTubeロゴをクリックすると別画面で開きます)

  

アートガレージ・トップフューエル

友達が車内から撮影したトップフューエル
ガラス越しで音量がちょうど良くなっています

  



取り扱い商品の一覧

お問い合わせ、リクエスト、苦情はこちらまで!

ブログのTOPに戻る
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/08/03(金) 08:43:45|
  2. 外国車
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。