スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パイプフレーム・クーペ3

JDMのアイコンとして評価が上がる一方のS30Z

ボディデザインが特別でない限り、こういう人気を得ることは難しい

240z5gif.gif
                                  
古典的FRスポーツカーの模範の様な姿


冷静に判断しても、当時日産が参考にしたジャガーEタイプよりカッコいい
冷静さを失うと、同じく参考にしたフェラーリ250GTOやシェルビー・デイトナより良い、かも

ジャガーEタイプ
jagetypeonfire.jpg

Zの人気の理由はその外見だけではありません

ロングノーズのお陰でエンジン載せ換えは容易だし、
徹底的にやったはずのL型にもいまだに進化の余地が残されています
要するに改造の自由度が大きいんですね
RBやV8搭載は楽勝、3ローターペリやV12を載せたZも既にあります

でも、元々安かった上、40年以上が経過した車体はさすがにもう古く、
ボディ剛性やサスペンションのことを考えると、高性能とはとても言えない

それが旧車ですから

当たり前ですよね、味として楽しみましょう
至高の存在である250GTOやデイトナだって、
今の感覚で運転したらエンジン以外は大した性能じゃないと思いますよ

話は変わりますが

生産台数の少ない名車にはたいていレプリカが存在します

GT40、デイトナ、ACコブラ、250GTO、F40、
550スパイダー、959、カウンタック、300SLなど・・・


また、ポルシェ356は空冷VWという優れたドナー車両が大量にあった為、
たくさんの安価なレプリカキットが作られました

これらは安い市販車にFRPボディキットを載せた醜悪なものから
「確実に本物よりも速いし面白い」のまであります
特にGT40、デイトナ、コブラはレプリカを選ばない理由がない、というほど

・・・そろそろ、Zのレプリカが生まれても良い頃では?

もちろん、他の車種をドナーにしたものでは話になりません
マツダ・ロードスターがベースのZなんて最低!

パイプフレームのキットカーでないとダメ

軽量で高剛性なパイプフレームにFRPかカーボンのボディ
現代のサスペンションとブレーキ
好きなエンジン+トランスミッション
オリジナルに忠実でシンプルな内装


そう、こんなヤツ

zframe1.jpg

zframe2.jpg

zbody1.jpg

zcarbonroof.jpg

zbody2.jpg

現代のキットカー製造とは

過去の名車の欠点を消す作業
オリジナル・デザインの素晴らしさの再評価
高性能なパイプフレームの新車種を生み出すこと


ようやく産声をあげたZのキットカー
いずれは日本で登録することも可能になります

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

240Z、SUキャブ、196馬力

ライトチューンですが、意外にいい音

(YouTubeロゴをクリックすると別画面で開きます)

  

インドの赤ちゃん落とし

乳児を落としてキャッチするという儀式
過去にこれで事故が起きたことはない、と言われます
・・これに耐えられない健康状態だと育てないんでしょうね

  



取り扱い商品の一覧

お問い合わせ、リクエスト、苦情はこちらまで!

ブログのTOPに戻る
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/07/26(木) 06:40:02|
  2. パイプフレーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。