スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パイクスピーク・リローデッド

ある方から「パイクスピークの日程が出てる!」と教えていだだきました
HPを確認すると僕が関連記事を書いた3日の晩に発表されていました

xlarge.jpg

仕切り直し日は8月12日


また、山火事に関する詳細もわかってきました

パイクスピーク周辺だけでも350棟が消失、3万人以上が避難という大きな被害
コロラド州では史上最悪の火災になってしまいました

風の影響が強くて州内ではまだ酷いところもある様ですが、
パイクスピーク周辺に関してはもういけそうという判断です

元々エントリーしていた211人のドライバー達へのアンケートの結果、
ほとんどのチームから新日程に対する「非常に前向き」な回答があったとのこと

具体的な有力ドライバー名が数人上がっていた中、
真っ先にノブヒロ・タジマになっていたのはさすがですね
パラトフに乗るデビッド・ダナーの名前もありました

でも、昨年2位のリース・ミレンが抜けてる
まさかレッドブルが走らないなんてことはないと思いますが・・・
ヒュンダイなど元から応援してませんけどね

また、多くのドライバーからの提案で被災者や消防士達への
寄付金を集める基金が設立されることになりました
チケットへの払い戻しはないので、観戦出来なくなったチケットは
基金に寄付して欲しいとの呼びかけもされています

事前に完売になったのはVIPチケットだけみたいですね
前売り40ドル、当日50ドルの入場チケットはまだ販売中
恐らくVIPチケットでないと入れないエリアが相当あるんでしょう
NHRAなんかだとピットウォークなしだと面白さ70%ダウンって感じです

ついでに書くと最寄りの街、コロラドスプリングスから往復バスが運航しています
前売りチケットは20ドル
朝の6時半からスタート地点へ、街に戻るバスは午後2時半から

コースマップはこちら

7月2日時点でのエントリーリストはこちら

見どころをまとめると

1.モンスター田嶋さんは今年は電気自動車でのチャレンジ
  アンリミテッドクラスより2分落ちですが、最も伸びているのがこのクラス
  電気自動車レースの中でもパイクスピークは頂点の存在

2.最も過激なアンリミテッドクラスは8台(昨年は5台)
  まずこのクラスから総合優勝が出ます
  パラトフももちろんここにエントリー
  ダチア、フォードRS200、NSX、・・・クリスピーク?

調べてみたら
  昨年はタイムアタック2WDクラスで8位のセリカのことでした
  今年は4WD+スズキのエンジンです
  
3.古い車両がたくさん出走
  これこそパイクスピークの魅力のひとつ
  一番古いのは1949年式のキャデラック
  80年代のグループB車両もたくさん出ます
  ワルター・ロールもその中の一人

4.トップタイムがどこまで伸びるか
  ダートが無くなってターマック専用スペシャルで勝負が出来ます
  しかも土壇場で日程が延びたことで更にマシンの完成度が上がったはず


昨年のリザルトはこちら
  
今後エスカレートすることは間違いありません
特にアンリミテッドクラスはいずれ異常な速さに到達して、
安全性とコスト抑制の議論が増えていくでしょう

今のフリーダムな面白さがあるうちに観戦に行かなきゃ・・・

来年の目標です

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ベンツ190、ジャッドV8、ヒルクライム

ヨーロッパでのヒルクライムイベント
相変わらず過激なジャッドV8
途中でウインドースクリーンが開いちゃってます

(画面右下のYouTubeロゴをクリックすると別画面で開きます)

  

スタートラインで意識を失ったドライバー

ステージングの最中に意識不明になって暴走
ドイツのホッケンハイム・サーキットでの出来事

  



取り扱い商品の一覧

お問い合わせ、リクエスト、苦情はこちらまで!

ブログのTOPに戻る
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/07/06(金) 12:28:30|
  2. クルマ全般
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。