スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オーバーテイク

クルマのことばっかり書いてる僕ですが、

ref599silver_s.jpg

実はモータースポーツってあまり好きじゃないんですよね


日本のモータースポーツファンと言われる人達は周回レースに関心が強い様です

海外のフォーラムや動画サイトにおける書き込みを読んでいくと
フォーミュラカー、ストックカー、GT、ツーリングカーなど、
従来の周回レースカテゴリーに対する熱はどんどん冷めていると感じます
東南アジアなどの後進国はともかく、先進国における落ち込みが大きい

逆に明らかな盛り上がりを見せるのが次の3つ

ドラッグレース
ドリフト
ヒルクライム


これらの最大の共通点は、

スタート回数が多い
各自の競技時間が短い
単純明快な展開
夜間イベントが行いやすい
特設会場に対応しやすい(ヒルクライム以外)
ボディデザインのバリエーションが大きい
派手


つまり素人受けしやすい

refbenzdrift_s.jpg

僕は周回が多すぎるレースは観てられません
だから耐久レースは全部ダメ

どの辺からが耐久かって言うと、F1の様に2時間かかるのは完全に無理
24時間のルマンなんて1年に1度でもスタートとゴールの合計20分くらいしか観れません

refwtbmw.jpg

それと

前から考えてたんですが、周回レースの予選って間違いだと思うんですよ

予選のタイムでグリッドを決めるっていうのが良くない
結果、ポール・トゥ・ウィンで間延びした展開なんて絶対に避けるべきだと思う

予選は遅すぎる車を落とす為に行い、決勝グリッドは全てクジで決定

予選上位の車、決勝を完走した車には全て細かくポイントが付く
また、スターティンググリッドとゴール時の順位の違いに対してポイントを付ける

最下位から全車抜いて優勝した車に最大のポイントが付く、という仕組み

クジの結果により前の方でスタートする車は順位ポイントを得る為に必死で逃げる
ラップリーダー、ファステストラップにもポイント付加

予選トップタイムの車から何秒か離されると予選落ちになる為、
あんまり手を抜くと予選終了間際にライバルの策略で落とされちゃったりする

距離は30分くらいで終わるスプリントを1日に2レース

もちろんチームオーダーなんて絶対禁止


どうでしょう?

速いのに理不尽にも最下位スタートにされた車はとにかく抜きまくる!

競争は熱くないといけません

そう、周回レースの人気が落ちてる最大の理由は
ルールに縛られて淡々と走ってるように見えるからじゃないかと思います

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

マスタング・ウォンテッド、260mタワー

あまりに無造作に高所で遊ぶウクライナ人、マスタング
彼の18本の動画はどれも狂ってます
新しい動画のアップロードが停止した時・・・彼はきっと・・・

(YouTubeロゴをクリックすると別画面で開きます)

  

ニュルブルクリンク、アトムV8&ノーブルM600

ハンドルを握るのはクリス・ハリス
世界でもトップレベルの人気になるであろうモータージャーナリスト
彼は嫌みがないですね
前半のアリエル・アトムV8にはハヤブサV8が搭載されています
後半のノーブルは至って平和

  



取り扱い商品の一覧

お問い合わせ、リクエスト、苦情はこちらまで!

ブログのTOPに戻る
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013/03/10(日) 11:28:41|
  2. クルマ全般
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。