スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ウォーター・メタノール4

エンジンの安全マージンを確保し、
パワーアップもしてしまうというウォーターメタノール

wheretoshoot.jpg

ノズルをどこに打つのか、メーカーによる説明を翻訳してみました


簡単にいきます(内容はあくまでメーカーの経験と認識によるもの)
例になっているのは上図の通り直列4気筒ターボエンジン

①タービンの前・・・X 

コンプレッサーブレードの損傷の可能性あり
高圧ポンプとサイズの小さいノズルを使用することで損傷を避けることは可能


②インタークーラーの前・・・X 

インタークーラー内に水が溜まる恐れがあり、また氷結すると風量が落ちる
ただし、高回転を保ち続けるレーシングカーでは有効な場合もある


③インタークーラーの後・・・◎

最も無難かつ安定した効果が期待出来る位置
エンジンまでの距離がある為、吸気にウォーターメタノールがよく混合する
この時、気化冷却によって吸気温度が最も下がる
冷えた吸気をセンサーが感知して進角補正が入る


④吸気温センサーの前・・・○

③と同様の条件だが、インタークーラーの直後の方が有利
NAエンジンの場合はここが最適なノズル位置


⑤スロットルボディの前・・・△

低回転時に非常に流速が遅くなる
また、バルブまでの距離が近く気化効率が良くない


⑥インテークマニフォールド・・・△

ノズルや配管が増えて煩雑化する
バルブまでの距離が近く「水滴」が出来やすい
適切なセッティングを行うことで最大の冷却効果があり、
またハイオクタン燃料そのものとして燃焼させることが出来る
ガソリン用のインジェクターは移動させた方が良い


インタークーラーの後ろならほとんど目立ちませんね
間違いなくNOSより隠しやすい・・・!

海外での取り付け例を見つけました

WMnzr.jpg

こっちはスーパーチャージャー付きのコルベット
水冷インタークーラーの後ろに少し離れてノズルを2本装着
確かにブローオフバルブの前は嫌ですね

C5scwm.jpg

最後にNA、やたら芸術的なBMW・M3
フルード・モーター・ユニオンの車両です

BMWM3WM1_s.jpg

BMWM3WM2_s.jpg

ここまで燃料系をデザインしたチューニングカーは滅多にいないでしょう

BMWM3WM3_s.jpg

BMWM3WM4_s.jpg

BMWM3WM5_s.jpg

ウォーターメタノールについてはまだまだ続きます

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ケン・ブロック、ジムカーナ5

ついに出た!ジムカーナ5
今回の舞台はアルティメット・アーバン・プレイグラウンドという副題が
地球上で最も似合うだろう街、サンフランシスコ
僕は昔ここに住んだことがあり、この動画中にも友達の家とか映ってます
それにしてもよく撮影の許可が下りましたね
ワイルドスピードでは東京での過激な撮影は一切禁止・・・
ちなみに僕がサンフランシスコで実際に目撃した唯一の映画撮影は
シャロン・ストーンの「氷の微笑」でした(笑)

(画面右下のYouTubeロゴをクリックすると別画面で開きます)

  

BMW・M3、ウォーターメタノール

フルード・モーター・ユニオンの車両
走行中の動画が観たくなります

  



取り扱い商品の一覧

お問い合わせ、リクエスト、苦情はこちらまで!

ブログのTOPに戻る
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/07/10(火) 14:53:01|
  2. パーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。