スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

BRE

BRE

ブロック・レーシング・エンタープライズの略

 BRE.png

シェルビー・デイトナで良く知られるデザイナー、ピート・ブロック
立ち上げたレーシングチームです

1960-70年代に日産や日野とレース活動をしていました
特に日産の240Z、510ブルーバードなどが北米市場に受け入れられた
きっかけのひとつと言えるほど、印象的な活躍をしています


個別に例を挙げると

240Z

1970-72年、SCCA・Cプロダクションクラスで3年連続チャンピオン
前年まで強かったポルシェとアルファロメオを圧倒


 240Z poster

510

1971-72年、SCCA・トランザム2.5シリーズを蹂躙し2年連続チャンピオン
翌年からは全く勝ち目がないと判断したBMWとアルファロメオが撤退

シリーズ自体存続できないという皮肉な状況にしてしまったエグイ奴

 510BREts.jpg

アウェーの戦いで"プアマンズ・ポルシェ"、"プアマンズ・BMW"が本家に完勝したわけです
この3年間でBREの歴史と名声は確固たるものになりました
今でもアメリカのダットサンマニアの間でBREカラーは根強い人気があり、
現行Zをベースにした記念車両も製作されました

 370Z-240Z_s.jpg

調子に乗ってこんなタコメーターも出してます
シーケンシャルシフトライトがついた優れもの

 BRE tach1

こちらはラグナ・セカのコークスクリューを駆け下りる510
現在のクラシックカーレースでもクラス最速です

 510BRE.jpg

BRE解散後はこの2チームが台頭しました

ボブ・シャープの280Z

 BobSharp280Z_s.jpg 

エレクトラモーティブの280ZXターボ

 Electramotive 280XZ_s

ここまで、僕はほぼ英語版Wikipediaから拾ってきて書き起こしたのですが、
こちらのサイトにはもっともっと詳しく書いてあります
モノクロのかっこいい写真もいっぱい
師匠のキャロル・シェルビーにトヨタとの契約を盗まれてSR3112000GTにリベンジした、
とかとても面白かったです
キャロルとピートは今では仲良くテレビに出たりしますけどね
デイトナコブラの競売の時とかに
きっとがっぽり小遣いがもらえるんだと思います(笑)

 brebadge.gif

BREはRRの日野コンテッサにトヨタ・クラウンのV8エンジンを載せた
レーシングモデルの開発も担当しました

北米で3台製作したみたいですね

 hinoflag1.jpg

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

エクリプス・1400馬力

とても有名な車両です
ウェイトを積まれたり、タービンのサイズ制限を受けたりしながらもタイムを次々に更新
6.97秒、11000回転、4G63で1400馬力
「世界一速い4気筒」というのは数年前までのことですけど
今は6秒代前半の戦いになっています

(YouTubeロゴをクリックすると別画面で開きます)

  

ポルシェ・カレラGT

現代のポルシェの親玉
V10、600馬力、カーボンモノコックのモンスター
V12とも違う乾いたエンジン音ですね
元F1、DTMドライバーのクリスチャン・アルバースの個人所有車の様です

  

同じV10で"徹底的に音質に拘った"というレクサス・LFA
"最も売れたV10スポーツカー"、ランボルギーニ・ガヤルドよりもワイルドな音だと思います



お問い合わせ、リクエスト、苦情はこちらまで!

ブログのTOPに戻る

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2010/12/03(金) 01:32:06|
  2. カリスマ達
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。