スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2000・110・432

翻訳機能を追加して以来、海外からのアクセスもじわじわと増えてきました

彼らも充分に詳しい日本車の歴史ですが、
さすがに旧車については理解が浅い部分もある様子ですね

kyushagif.gif

過去の頂点の部分にだけ軽く触れておきましょう


ガソリンエンジン発明の地、ヨーロッパ
世界最大のクルマ王国、アメリカ


どちらからも数々の歴史的な名車が生まれてきました

もちろん、我が日本にもそういうモデルはいくつもあり、
特に以下の3モデルは人気と希少性において飛び抜けた存在と言えるでしょう

まずはもちろんコレ

トヨタ2000GT

t2kgt.jpg

製造台数337台

現在の店頭販売価格は3000万前後
なんとアメリカでは5500万という信じられない値段でオークションに出てました

次は

ケンメリGT-R

kenmarygtr.jpg

製造台数はたったの197台

現在の店頭販売価格は1000万台前半

2000台以上造られたハコスカGT-Rでも800万はします

ラスト

フェアレディZ432

z432bingo.jpg

製造台数419台

店頭販売価格は700万~

10台程度しか残っていないZ432Rだと2000GTと同等の価格!

※価格は状態や年式、装備によって大きく変動します

僕は昨年から今年にかけて3モデルとも触れる機会がありました

特に2000GTは助手席に載せてもらったんですが、歩行者の反応が面白かったですね

年配の方に指さされるんですよ、満面の笑みで

憧れの的だったという人気の片鱗を見ました

今もLFA、35GT-Rと凄いクルマがありますが、多くの人々が冷めてるのが残念

ごく普通のベンツがいい、とか言う人がまだ多い
あんな外観も中身も劣化済み落ち目ブランドの何がいいんだか

まあ、僕もLFA、35GT-Rにはどうにも熱くなれませんけど・・・

むしろ、普通のL6のZが走ってるとじっと見ちゃいます

さて、ここ数回は至ってマイルドな記事にしてみました

次回からはまたマニアック路線を突っ走ります

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

トヨタ2000GT、タイムマシンフェスティバル

1968年にシェルビー・アメリカンに委託されたSCCA仕様
コメント欄を見て驚きました
「170万ドルで現車が売りに出されてた」
170万ドル!!!? 1億4千万くらい・・・

(画面右下のYouTubeロゴをクリックすると別画面で開きます)

  

日産・NP35

活躍の場を与えられなかったCカー、NP35
V12なので当たり前ですが、今のF1なんかよりはるかに音がいい!

  



取り扱い商品の一覧

お問い合わせ、リクエスト、苦情はこちらまで!

ブログのTOPに戻る
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/05/24(木) 23:57:19|
  2. 国産車
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。