スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

TS4Rの復活

直列4気筒ターボのFRクーペ

Turbo'd Straight4,RWD、略してTS4R(造語)

ありふれた遊び車のスペックって感じですね

ts4rgif.gif

では、過去10年間でTS4Rに当てはまるのは・・・


あれ?
2002年以降デビューだと思いつかないな・・・

まず、FRクーペって条件がけっこう厳しい

フェラーリ、アストン、ベントレーなどの超高級モデルを無視すると、残りは

ヨーロッパ:BMWとベンツに数モデル、あとはTVRとかモーガンとか
アメリカ:コルベット、カマロ、マスタング、バイパーなどの大排気量勢
日本:スカイライン、Z34、ロードスター、RX-8、86、BRZ


ここからターボに絞っただけでほぼ壊滅状態、直4だとゼロ?

・・・と確信しかけてたら、ある方が教えてくれました!

GMカッパ・フラットフォームの4兄弟車
具体名はポンティアック・ソルスティスサターン・スカイ、オペルGT他

そうそう、ソルスティスはフォーミュラDで走ってましたね!
アメリカでも人気があって、SCCAで活躍しています

pontiacdrift.jpg

さて、TS4Rがうじゃうじゃいたような印象が残る日本の90年代も、
実は日産の4車種が目立ってただけでした

もちろん、S13、14、15のシルビア3世代と180SX

当時、彼らシルエイティ4車種は「スポーツカー」とは呼ばれにくかった
人気が高かった反面、ちょっとバカにされて
「スペシャリティカー」「デートカー」「ドリフト用」扱いでしたよね

スポーツカーの定義がなんちゃらとくだらない文章を書く自動車評論家によると、
シルビアと180SXは「ローリング族の車」(笑)

s13dai2.jpg

実際にドリフト、峠の重要キャラだったのは事実

だけど今

世界のJDMマニアが最も待望するのはズバリこのTS4Rの復活ですよ

S16・シルビア

現実的な購入対象のスポーツカーとしてとても期待されています

僕は先月、新86には3リッターV8が必要と偉そうに書きました
86にはNAのイメージがあり、NAで勝負するならやっぱりそれぐらい欲しい

ところが、シルビアの場合、S12から2リッターターボ
S13、14、15もバカのひとつ覚えの2リッターターボ

迷うことはない、S16はノスタルジックなTS4Rド真ん中勝負がベスト!

カッコいいボディにチューニングベースの直4ターボを載せるだけでいい

ボディはデカくしちゃダメ、変なハイテクなんて要らない
足回りもミッションもS15の延長線でOK
エンジンルームは載せ換えを考慮して広めで


デザインさえ外さなければ世界中でヒットします
欧米だけでなく新興国でもかなり台数が出るでしょう
何より日産のスポーティなイメージが激アゲになる

日本国内は?

エコカーとミニバンに乗っ取られた市場だし、期待は出来ません
けど、カッコさえまともなら86には普通に勝てますよ

だって86の軽くないボディにNAのフラット4なんて本当に面白いと思います?

その点、S16は実績たっぷり、安心のTS4R!

・・・まあ、肝心の日産はまるでヤル気なしみたいですね
2008年頃には予想イラストもありましたが、最近はすっかりトーンダウン

こういう路線ならいいかも
s16estimated.jpg

この記事もいつもの通り、妄想全開ってことで・・・
※「小型のスポーツカーが面白そうだ」という日産関係者のコメントが先月あったようです 5/21追記

ちなみに僕は4気筒エンジンなら空冷VW(NAのフラット4)が好きです(笑)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

パルサーGTI-R vs FC3S・20B、ストリートドラッグ

GTI-Rのデビュー時はよく覚えてます
WRCに日産が送りだすモンスター!って感じだったんですけどね
この動画はカリブ海の島国、トリニダード・トバゴから

(画面右下のYouTubeロゴをクリックすると別画面で開きます)

  

D1仕様86、織戸学

5リッターのV8のシェイクダウン
これのスケールダウンぐらいが妥当でしょうね
そして動画を観て改めて思いました、やっぱりカッコ良くない
もっさりしてますよね

  



取り扱い商品の一覧

お問い合わせ、リクエスト、苦情はこちらまで!

ブログのTOPに戻る
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/05/20(日) 16:31:27|
  2. 国産車
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。