スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

グロスジェット3

グロスジェットの続きです
前回からかなり空いてしまいましたが・・・

まずはこちらの図解をご覧ください

 Grose-Jet difference

グロスジェット開発の主な理由はこの図にある、そうです


まず、キャブレターの純正ニードルバルブはニードルに平面があり、
その部分がシートと接触し、燃料の流れを止める仕組み
材質は加工性に優れる真鍮が多いのですが、頻繁にぶつかり合うことで次第に摩耗が生じ、
燃料をきちんとコントロール出来なくなります
特に耐久レースでは、激しい加減速が接触面に大きな負担をかけてトラブルに繋がりやすい
また、部分的にゴムやプラスチックが使われるニードルバルブもあり、
それらは燃料によっては短期間で不具合を起こします

そういった長年のトラブルに悩まされたアンセル・グロス氏が自ら開発し、
特許取得したのがグロスジェット

グロスジェットは特殊合金もしくはガラス製のベアリングボールが2つ組み合わさります
シートへの当たり面は毎回変化し、いかなるレース用燃料に溶けることもありません
フロートの上下に対してボールがクイックに反応し、フロートレベルをきっちり保ちます

海外の掲示板などを読む限り、グロスジェットを使った方はみんな絶賛
レースでも街乗りでも違いを体感できる!と断言するファンもいます


そして、グロスジェットの実際の使用感ですが・・・

 GJ WS bestshot sub

残念ながらまだモニター車両が決まってません
手元にあるのは、ウェーバー用とソレックス用がそれぞれ2個ずつ
4気筒でシビアにチェックしていただける方にお願いしようと思っています
出来れば周回レースとかに出る車両だと違いがわかりやすいかも知れませんね


  GrossJetDecal trimed
古いステッカーもありました
これは相当レアなはず!
Google画像検索をかけても全く見当たりません
手書き感のある味のあるデザインですね

・・・どう見ても"クロス"ジェットですけど


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

NASCAR

何故か住宅地にV8モンスターが・・・

(YouTubeロゴをクリックすると別画面で開きます)

  



お問い合わせ、リクエスト、苦情はこちらまで!

ブログのTOPに戻る

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2010/12/10(金) 21:02:09|
  2. キャブレター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。