スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カーボン・エアボックス2

スロットルボディを取り付けたら必要になるエアボックス

Airboxb3_s.jpg

まさかファンネル剥き出しのまま走り回ったりしませんよね?


前回は寸法を載せませんでした
そして、希望があったらもっと詳しく・・・と書いて約1年

日本のNAチューニングもようやく
社外スロットルボディ+専用エアボックスにシフトするのでしょうか

でも、日本製のカーボン・エアボックスはずいぶん高いみたいですね
お客様からいただいたメールにちょっと驚きました

シャフトレス・スロットルボディとセットで使えるエアボックスの中から、
日本の事情にフィットしそうなものは以下の2種類

まずは日本では一番使えそうなコレ

Airboxb1.jpg

ITGエアフィルターとも互換性があります

Airboxb2.jpg

外寸は

長さ 410mm
高さ 190mm
厚み 112mm
インレット口径 100mm


もうひとつは厚みが薄いタイプ

airboxrefc1.jpg

airboxc2.jpg

長さ 610mm
高さ 190mm
厚み 65mm
インレット口径 100mm


どちらもインレットの方向を左右選ぶことが出来ます

見ての通り、現在はまだ4気筒もしくはV8用のみ

ロータリー用、V6用、直6用等も作って欲しいんですが、
欧米で価格が合わないのなら、東南アジアで作るのもアリです

寸法がちゃんと出てて、軽くて、見栄えが良くて、安かったら
ドコ製でもかまいませんよね



本当は今日からマレーシアの予定だったのですが・・・
諸事情で来月に延期になってしまいました

まだ11月なのに寒さが本当に厳しく感じます

余談を書くと、これからは熱帯の高原って凄く人気出ると思うんですよね
世界の富裕層の居住地として

例えばマレーシアのキャメロン・ハイランド
上の方に行くと気温は22℃、下界は32℃
赤道が近いので年中を通じて完全に同じ気温です
仮に温暖化が進み、3℃上昇してもまだ25℃
逆に寒冷化したら下界に降りていくだけ
安定した気候ってとても有利です
台風も地震もないですし

よく「日本は四季があるからいい」なんて人がいますけど、
それは思い込みだったりします
海外に住んだことがないのに「日本がやっぱり一番!」とか
言い切ってしまうのとほぼ同義です
実際に四季があまりないところに住んでからよく考えてみてください

日本には4、5、9、10月しか滞在したくないのが僕の本音です

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

アングリア・コスワース

パイプフレーム、カーボンカウル
コスワースの573馬力+6速シーケンシャル

(YouTubeロゴをクリックすると別画面で開きます)

  



取り扱い商品の一覧

お問い合わせ、リクエスト、苦情はこちらまで!

ブログのTOPに戻る
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/11/27(火) 13:26:01|
  2. スロットルボディ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。