スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

AMC・ペーサー

AMCは1954年にスタートした米国の自動車メーカー、
アメリカン・モーターズの略

ビッグ3(GM、フォード、クライスラー)に比べて歴史の浅いAMCは、
コンセプトモデルに力を入れるなど、独特の立ち位置を模索しました
最終的にルノーに買収(1979年)されてしまうんですが、
個性あるモデルをいくつも残した、僕のお気に入りのメーカーです

特にホーネットジャヴェリンはけっこう売れたし、レースでも活躍しました
今でもレストアベースとして人気

ホーネット(ドラッグマシン)

Hornet1.jpg


ジャヴェリン(周回レース仕様)

javelin1.jpg

前に取り上げたフェランボのベース、ランブラーナッシュを引き継いだAMCが製造していました

フェランボ

ferramboside.jpg


でも

AMCと言えば僕的には断然こっち!

彼らが最後の勝負を託したモデル、ペーサー

amcpacer1.jpg

どうです、ダサイでしょう(笑)

ちょうど1年前からずっとこの車について書きたいと思ってました

1975年にデビュー
短い全長に幅広のUFOのようなボディ
前衛的な曲面ウインドー
左右非対称のドア


あのデロリアンがアメリカン・カルトカーのガンダムなら、
ペーサーは量産型ってとこですね

このリアのおかしなボリューム感・・・
実物は画像以上の違和感があります

pacerrear.jpg

pacerrearsilver.jpg

当初予定されていたロータリー搭載のFFになっていたら
大失敗してデロリアンに肉薄するカルトになってたかも知れません

普通にFRの直6で出した為、デビュー当初は爆発的なヒットを記録
1979年のルノーによる買収までにけっこうたくさん製造されました
お陰で1990年頃のアメリカにはポンコツがまだうじゃうじゃいましたね

映画にもよく出るんですが、最もメジャーなのは1992年のウェインズ・ワールド

以来、ペーサーはカスタムベースとしても人気が高まっています
V8を載せたドラッグマシンも造りやすいそうです

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ボヘミアン・ラプソディ、ウェインズ・ワールド・バージョン

フレディ・マーキュリーが亡くなったのはこの映画の発表3ヶ月前
涙を拭う仕草とかあるし、亡くなってから撮影したシーンってことですよね
よく間に合ったなあ、と思います
このビデオは当時のMTVでは本当に毎日流れてました
お陰で僕の中でのペーサーのイメージはこの映画と曲とともにあります

(画面右下のYouTubeロゴをクリックすると別画面で開きます)

  

スーパーカー・サウンド、2011

現代のあらゆるスーパーカーの音が聴けるって感じ
599GTOは凄いですね

  



ウィキペディア英語版には日本語版の5倍以上の記事があります
このブログ内で翻訳を進め、日本語記事を増やすこと
クルマ趣味への貢献と考えています

YouTubeのマイチャンネル

ブログのTOPに戻る
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/01/23(月) 07:30:14|
  2. 外国車
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。