スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

前期型

1970年

オイルショック直前のこの頃、世界には刺激的な車が溢れていました

フェラーリはデイトナ、ランボルギーニはミウラ、ポルシェは911ナロー
アメリカンV8も排気量アップ、パワーアップの一途を辿っていて
C3コルベットやマスタングが爆発的に売れていました

日産がS30Zを発売したのもこの時代(1969年)
低く抑えた価格とそのルックスで世界的な人気車になります

s30zandbusa.jpg


この赤いZは1970年モデル
30年前に車検を切って以来、ずっと屋根付き車庫に眠っていました
もちろん程度は良好でフルノーマル

s30z1970side.jpg

s30z1970roof.jpg

s30zr1970wheel.jpg

レクサスLFA、スズキ・ハヤブサ、前期型Zの図

s30zbusaandlfa.jpg

やっぱりZは前期がかっこいい
外/内装ともに前期に優れたデザインが目立ちます

Zをあまり知らない人にもわかりやすい前後期の見分けポイントは2ヶ所
テールランプとダッシュボードの形状ですね
前期仕様に化けることも可能ですが、今となってはけっこうコストもかかります

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2JZを積んだ後期Z、ファーストラン

隣からロータリーの音が聞こえるのがいい雰囲気
このZは9秒切るタイムを出します

(画面右下のYouTubeロゴをクリックすると別画面で開きます)

  

シビックを運転するリカルド・パトレーゼと奥さん

奥さん、かなり口が悪い(笑)
多彩なゼスチャーがさすがイタリアン
最後にビデオカメラを思い出したのか気付いたのか爆笑します

  



お問い合わせ、リクエスト、苦情はこちらまで!

ブログのTOPに戻る

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/01/08(日) 07:30:05|
  2. 国産車
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。