スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

S30Z

旧車の王道を行く車、それがS30Zです

ロングノーズ、ショートデッキ
フェラーリ250GTOの影響をモロに受けた、クラシカルなFRスポーツカーデザイン
でも、250GTOのライバルだったシェルビー・デイトナ・クーペにも似ています
そのデイトナが大活躍した4年後にS30Zはデビューしました

当時のアメリカのスポーツカー市場で人気があったのはポルシェ911
Zはその911の半額で発売され、「安物」とバカにされつつも大ヒット
今でもアメリカには多くのZ-Carファンがいます

前述のフェラーリ250GTOは15億円、シェルビー・デイトナも今や5億円もする
名車中の名車であり、60~70年代のスポーツモデルの中でもとびきりスペシャルな存在
大衆スポーツカーのZはもちろん、911の限定モデルですら比較対象になりません

フェラーリ250GTO

250gto2.jpg


フェラーリ250GTO、リアビュー

250gtorear.jpg

シェルビー・デイトナ (レプリカ)

daytona.jpg

シェルビー・デイトナ (レプリカ)、サイドビュー

daytonaside.jpg

確かにかっこいい
特に僕はデイトナが大好きで、Wikiの記事も時間をかけて書きました


・・・が、あえて断言したい

少なくともヘッドライトやグリル周辺の形状に関しては、Zがベストデザイン!
ル・マンスパで勝った伝説的な名車達を上回るイカした面構えだと思います

そんなZのヘッドライトを中心に写真を撮ってみました


まずは最近増えているというHID仕様

HIDZ.jpg


Gノーズ

treeS30Z.jpg


オレンジがよく似合います

orangeZ.jpg


レッド・・・マルーン・・・茶色もいいですね

ratZ.jpg


すみません
あまりに味があったので・・・

土に帰っていく姿さえかっこいいZでした!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

4ローター、ツインターボ

1664馬力の4ローターターボを積んだBMWです

(YouTubeロゴをクリックすると別画面で開きます)



フォードGT40

1966年公開の「男と女」というフランス映画の1シーン
主人公がフォードの契約レーサーで、そのテストをするって設定
1966年は初めてGT40がル・マン24時間レースに優勝した年です
2分5秒過ぎから肉食獣の雄叫びのようなエンジンサウンドが聴けます
6分25秒からは当時のF1のテストになっています



ヘルメットやレーシングスーツに時代を感じますね
この映画も古いフランス映画らしい独特のけだるさがたっぷりなんですが、
突如荒々しいエンジンサウンドが入っていてビックリします
このル・マンで走った本物のGT40は現在2億円だそうです



お問い合わせ、リクエスト、苦情はこちらまで!

ブログのTOPに戻る

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2010/11/03(水) 17:43:17|
  2. 国産車
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。