スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パイプフレーム・クーペ2

4週間前、パイプフレーム・クーペについて妄想をだらだら書きました

そしたら来たんですよ、ご指摘が!

前からしばしばマニアックなメールをいただいているAAさんから
ズバッと「パイプフレーム・クーペならアレでしょ!」って

アレとは前回のフェラーリ340メキシコのリメイクカーのベースにもなったモデル

フェラーリ456GT

456silverreforma.jpg


1992年デビュー
5.5リッターのV12エンジンをフロントに搭載
トランスアクスル
2+2シート

スチールのパイプフレームにアルミボディ

僕はこの頃からフェラーリも全てモノコックになったと思いこんでいました
意外にもかなり最近までパイプのモデルがあったんですね

俄然、興味が湧いてきた僕にAAさんは愛知県の456オーナーさんを紹介してくれました
偶然にもその方はOMRさんからすぐの場所にお住まいだったので、
待ち合わせはOMRさんの近くのヤ○ダ電機の駐車場になりました

抜群の天気のドライブ日和

オーナーのYさんが乗ってきた456はシックな紺色でした

456frontreforma.jpg

456anglereforma.jpg

456rearrefroma.jpg

456の印象的なデザインはボンネットを開いた時
ど真ん中に低く座るV12と露出するタイヤハウスが目につきます

456hoodopenreforma.jpg

456hoodopensidereforma.jpg

アルミパネルの下のフレームはこんな感じ
剛性ありそうです
456frames2.jpg
456frames1.jpg
実にカッコいい内装
日本のGT系モデルではちょっと真似出来ません

456inreforma.jpg

現行の「AT」フェラーリ達から消えてしまった美しいシフトゲート

456gaterefroma.jpg

純正のインテークの中にはこんな機能的なファンネルを装備
ちゃんとスロットルボディに向けてアングルがつけられています

456funnelsrefroma.jpg

LFAと一緒に写してみました
ウインドーに反射する赤いのはS30Z

456lfa30zreforma.jpg

オーナーのYさん、ありがとうございました!
お陰で楽しくフェラーリ初試乗をさせていただきました

近くに日本でもトップクラスの高速道路があるので、軽く踏んでみましたよ
意外なほど普通に走らせることが出来ます
変な運転姿勢になるとか、クセがあるとか予想していましたが、そんなことは全くなく
すごく自然に乗れるんですよね
もちろんエンジンのパワー感は素晴らしいものがあり、
大排気量にも関わらず軽々と吹け上がります
さすがはフェラーリ!

次回はぜひ社外マフラーの音を聴いてみたいですね

テールを左右に2度3度振りながら去っていった456

456leavereforma.jpg

456のレーシングカーの画像にはバカでかいウイングがついてました
これはこれでバランスが取れてると思うのですがどうでしょう?

456racingsidereforma.jpg

Yさんはテールに小さなダックテール的なスポイラーが欲しいとおっしゃってました
確かに雰囲気を引き締めそうです

次はV8フェラーリにも乗ってみたいなあ・・・

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

フェラーリ456GT、社外品マフラー

V8のような甲高い音ではありません
滑らかでバランスの取れた吹け上がり

(画面右下のYouTubeロゴをクリックすると別画面で開きます)

  

フェラーリ456盗難車、見せしめスクラップ

犯罪組織はエンジンやミッションを取り外し、ドンガラボディだけ捨てる
それを政府の行うオークションで安く買ってナンバーを付けて堂々と商品車にする

この456は哀れ、見せしめに公開スクラップにされてしまいました!

タイの政府はシャレが通用する相手ではありませんからね
アメリカに対してでも「内政干渉だ!」とはっきり言える人達です

  



お問い合わせ、リクエスト、苦情はこちらまで!

ブログのTOPに戻る

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/12/29(木) 00:00:49|
  2. パイプフレーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。