スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フラットヘッド・ピストン

L型パーツのサプライヤーと言えば、真っ先に名前が挙がるのが亀有さん

kew0.jpg

彼らに特注したというピストンを見せてもらいました


kew1.jpg
kew2.jpg

何が特注ってリセスが切ってないだけなんですけどね
リセスは切るだけでも2万くらいする加工ですから、レスなら多少割引になるのかな、
と思ったらそうは甘くなかったようです(笑)

kew4.jpg

専用工具にセット、バルブをピストンとの衝突から逃がすための
リセスの位置、深さ、角度を測定



おっと

このピストンは旧型の鋳造

現行はこれ、鍛造の相当カッコいいヤツ!

kew5.jpg
kew6.jpg

細部にわたって鋳造とはもう全然違います

kew7.jpg
kew8.jpg
kew9.jpg

スカートの面積が大きく違うし、軽量化+しっかり入ったリブ
コイツを見てしまうと、もう鋳造はナシですね

kew12.jpg

このブリッジになったリブは難しい位置で斜めから加工が入っています

kew13.jpg

そして、これもリセスがあるヤツとないのと2種類ありました

kew10.jpg

ついでにファニーカー用の巨大ピストンと並べてみる
L型のピストンも大きい方なんですけどね・・・

kew11.jpg


なぜリセスを指定で掘るのでしょう

そして、これを使うエンジンは一体・・・?

kew14.jpg


2012年、暑くなるまでには全国誌上で発表されます
この類のエンジンとしては初めてプライベーターの皆さんにも
認められるものになると思っています

ご期待ください!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

レイジ・バギー

アメリカ人はダートでの遊びを本当にがんばってる
海岸のない州は無意味に土地だけあるって感じですから

(画面右下のYouTubeロゴをクリックすると別画面で開きます)

  

フェラーリ599XX

V12は素材としては抜群
いじったら面白いだろうなあ

  



お問い合わせ、リクエスト、苦情はこちらまで!

ブログのTOPに戻る

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/12/03(土) 07:30:31|
  2. エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。