スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

プラミング・パーツ・サプライヤー

配管作業のことを英語ではプラミング(PLUMBING)と呼びます

アルミフィッティング+耐熱ホースは、車におけるプラミングの完成形
レーシングカーのエンジンルームは整然として綺麗ですよね
あの雰囲気を作る大きな要素の1つになっています

このプラミング・パーツにはいくつものサプライヤーがあるのですが、
その中でもメジャーなところをいくつか挙げてみます

まずは、もちろん

アールズ

earlslogo1.jpg

earlstubemate.jpg


日本でプラミングと言えば、大体アールズのこと
ブルーのアルマイトが少し暗いのが特徴
ホーリーの傘下です


エアロクイップ
aeroquiplogo1.jpg

aeroquip6.jpg
60年の歴史があるメジャーブランド
アルマイトの色感にとてもセンスがあると思います
アメリカンモータースポーツの世界では抜群の実績と高い知名度を誇ります
イートンという大きな会社の傘下

ラッセル

russelllogo.gif

russellfittings.jpg

こちらもフルラインナップを揃え、上記ライバルに引けを取りませんが、
古臭いロゴとかイメージで損をしてるかも知れません
エデルブロックの一員


グッドリッジ

goodridgelogo.jpg

goodridgefittings.jpg

1969年創業、ヨーロッパを代表するブランド
F1やGT、ラリーでの実績も抜群で、とてもハイクオリティという印象

XRP

xrplogo.gif

xrphoses.jpg

ここ20年くらいの歴史のブランド
後発だけあって、実は一番ラインナップが工夫されている気がします
今のところ、僕のお気に入りはこのメーカー



以前は単品からでもオリジナルカラーのフィッティングを作ってくれるメーカーがありました
検索してももう見つからないですが・・・

今さら普通のプラミング・パーツを扱っても僕としては面白くありません
時間をかけてスペシャルなヤツを探して、詳しくレポートしたいと思います



タックス・ヘイヴンってご存知ですか?
異常に安い税率を設定している国や地域のこと
中には無税なんてパラダイスも存在します

その中でも有名な国にケイマン諸島というカリブの小国があります

ところで昨日のニュース

オリンパスの件、どう思います?

日本の精密機械メーカー、オリンパスが約2117億円で英国の会社を買収、
間を取り持った会社に1%の手数料を払う約束
ところが、実際にはなぜか35%にあたる687億円を送金
払った先はケイマン諸島のコンサルタント会社
おかしいと気付いたオリンパスの社長が調査すると、どうやら会長の指示らしい
抗議した社長は取締役会であっさりクビ

しかもそのコンサル会社は3ヶ月後に登録抹消し、687億円は行方不明

・・・会長、真っ黒!

687億円という額はオリンパスの2年分の利益に相当するそうです

社員の気持ちは複雑でしょうね

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ヒルクライム、ヨーロッパ、AE86

ほとんどFFのヨーロッパ車の中に86も数台参加
後半は86だらけの動画です

(画面右下のYouTubeロゴをクリックすると別画面で開きます)

  

ヒルクライム、ポルシェ911RSR

音、姿ともに911の理想形
後半にオンボード映像も入ってます

  



お問い合わせ、リクエスト、苦情はこちらまで!

ブログのTOPに戻る
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/10/24(月) 00:26:46|
  2. パーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。