スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ディフィート・ディバイス

Defeat Deviceとは、VWグループが仕込んでいた違法ソフトのこと
しかし、彼らがルール違反的に活用してきたのはソフトだけではありません

refslvw.jpg

この日本では、メディアの中にインチキを織り交ぜるという手法が効果的だったようです


日本のモータージャーナリズムが相当腐っていることは皆さんご存知でしょう
なんせ、「自動車評論家」と検索すると真っ先に表示されるのが"国○光弘
この人、とにかくVWを褒める、不自然でもかまわずベタボメ

VWとは関係ないですが、WRCの番組でデルクールがフォードで年間チャンピオンになりそうだった年、
調べてみたら1994年、この人が解説していて本当にクソでした
その時は見当違いな理屈でもって、ある車両を褒めようとして失敗
解説に来ていたベテランWRCカメラマン氏から視聴者に伝わるほどバカにされてました
その頃から今まで、ずっとずっと節操と中身がないまま適当なことばっかり
最近も「雉か?」と言われた件が失笑モノだったのでご存知ない方は検索してみてください

refvwdirty.gif

その腐った日本のモータージャーナリズムにはさらに酷いのがいる!
乗ってもいない車をベタボメ、高得点をつけた小○コージ

boxterkoji2_s.jpg

以下の記事ではVWを擁護していますが、文体も含めヤフコメでボロカスにされています
彼の記事はいつも軽薄を下回る薄っぺらさ、いかにも誰かに頼まれたような内容を書くから
もう正体がバレバレ

VW問題で見えてきた“神経質国ニッポン”!

PRというのは正しい人物が正しく見える内容で行わないと逆効果
VWジャパンも今後はもっとマシな人選を・・・ 

いや、姑息なことはもうやめましょう

賢そうに見える雰囲気を作ってきただけで、過去30年間のVWに大した魅力はありません
色んな国で製造したパっとしない小型~中型車でしょ
品質を落とし車重を足したフィット、カローラ、アコードみたいなもの
冴えないボディとエンジンに高めの価格がついたVW車を一部の評論家は大絶賛
でも買った人たちはイメージと雰囲気以外、特に良さを感じられない
だって本当に長所がそんなに無いんだもん

不正はきっかけに過ぎず、遅かれ早かれ市場競争で敗北する運命だったのでは・・・
もう普通に存在価値がないですね、VW

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

トリプルターボ・マスタング・ドラッグレーサー

ディーゼルらしい黒煙ですね~

(YouTubeロゴをクリックすると別画面で開きます)



SCCAスペックレーサー・フォード、オンボード

SCCAスペック・レーサー・フォード通称SRF
SCCAはアメリカにおけるスポーツカーレース、ラリー、オートクロスなどのカテゴリーを
仕切るけっこう大きな団体です
そして、SRFはアメリカのレース史上もっともたくさん販売されたレーシングカー

スペックは・・・

フォード製1.9リッターEFIのSOHC4気筒、105馬力、5速MT、FRPボディ、
車重650キロ、最高速度217キロ、ガソリンタンク容量29リッター


レース時にはバラストを積み、ドライバーの体重を含めて757キロに統一
レギュレーションによって一切の改造が禁止され、同じショック、タイヤ、ブレーキ、ガソリン等の
使用が規定されている為、限りなくイコールコンディションでのレースが行われています

既に850台以上が販売され、SCCA主催レースには常に数十台がエントリー

動画は僕の友人が何年か前にロード・アトランタで走った時のもの
パス、スピン、チェイス、クラッシュ・・・
散々な10分間ですが楽しそうです



けっこう人気があって、中古も活発に取引されています
こちらは200万円くらいで落札されていました



取り扱いパーツの一覧

お問い合わせ、リクエスト、苦情はこちらまで!

ブログのTOPに戻る
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/11/22(日) 03:00:58|
  2. クルマ全般
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。