スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ザ・ファステスト・ロードカー

現在、世界一速いクルマは何だと思いますか?

直線加速、最高速、ラップタイム、オフロード、燃費・・・
条件によって違う候補が挙がるのですが

refhyper4gif.gif

先入観を捨て、ロジカルな答えを導き出してみたいと思います


まずは、母数が大きくなるだろう条件を選択していくと

refwhichcar_2016012103044815e.jpg

市販車、走る・曲がる・止まる、ターマック、チューニング不可、燃費は度外視

こんなところでどうでしょう
要するに「レーストラックでベストラップを出せるノーマル市販車」ということですね
実際、スポーツカー、スーパーカーの速さの基準としてフェアなんじゃないでしょうか

ラップタイム競争で有名なレーストラックといえば、もちろんニュルブルクリンク
最もハードなロードコースとして世界中のメーカーが新型車の開発に利用してきました
残念ながら、昨年のGTRニスモGT3の事故の影響で部分的な速度規制が実施され、
現在、フルタイムアタックは休止になっています

規制がかかる前までのランキングを見てみると、ワンツーはラディカルSR8
ハヤブサV8を載せたレースカーレプリカのようなモデルで、2005年からずっと1位に君臨
アピールの為に英国のファクトリーからニュルまで自走していったらしいですが、
このクルマは普通の市販車とはとても言い難いですね
コイツがOKなら、Cカーにナンバーが付いただけのヤツとかどうなんだ、ということになります
キットカーベースでずっと1位にいるのは凄い、けれど、反則の類に限りなく近い存在には違いない
ハヤブサV8がニュルもパイクスピークも制覇したという事実は面白いことです

ラディカルSR8
refradicalsr8.jpg

ニュルブルクリンクにおける市販車のラップタイム・トップ20はこちら

refnurtop20.jpg

反則気味のラディカルに続くのは

ポルシェ918スパイダー、アヴェンタの速いヤツ、35Rニスモ、アポロ、旧型バイパー、
LFAニュル、ドンカーブート、991GT2RS、35R、コルベットZR1、991GT3RS ・・・


当然、タダモノじゃないモデルが並ぶのですが、車両の価格はかなりまちまち
特に35R、バイパー、コルベットの非スーパーカートリオは、走るたびに上位に食い込む、
極めて高いコストパフォーマンスを誇ります
パガーニ、ケーニグセグ、ブガッティのようなハイパーカー達も、この「チープな3強」を相手にして
得をすることはないでしょう

また、LFAでトップ10に入ったトヨタは大したもの
好きな車ではないですが、5リッター未満のNAエンジンでここに入ってくるのは相当に凄い
地元ドイツのベンツとBMWはこのレベルに届くモデルがいつまでも造れない事実を恥じるべきです
フェラーリ、マクラーレン、アストンですらトップ20に1台も入らないんですけどね

その点、LFAより排気量の少ないNAモデルを含む複数の911を上位に捻じ込んだ上、
918スパイダーによってきっちり「スーパーカー最速」の称号を死守するポルシェはさすが

ポルシェ918スパイダー
ref918sp1.jpg

なんですが

昨年リリースが始まった新型のダッジ・バイパーACRには敵いそうもありません

デビュー前から北米の主なレーストラックのラップレコードを次々に更新してきたバイパーACR
ポルシェ918スパイダーと比較しても、高低差の大きいラグナセカ(3.6km)で1.2秒、
高速コースのウィロースプリングス(4km)で2.3秒、ヴァージニア(6.8km)では3秒も速い
これをニュルブルクリンク(20.8km)にあてはめると10秒以上の差になる可能性があり、
コンディション次第ではラディカルをも凌ぐタイムが期待できます

ダッジ・バイパーACR
refviperacrred.gif

ニュル前哨戦とも言える北米各地の戦いで、918、マクラーレンP1、ラ・フェラーリ、C7コルベット、
35Rニスモ、991GT2/3、アヴェンタドール、ウラカンなどを圧倒!

テクニカルでも高速コースでもどこでもとにかく速い
アクセレーション、コーナリング、ブレーキング、全てが容赦なしの性能という評価

今回の条件下では、ダッジ・バイパーACRが最高の結果を出すと思います

ニュルブルクリンクはフルークプラッツ・コーナーの改修が済んだ後、
主催者の許可をもらうことでフルタイムアタックが出来る見込み

ダッジは昨年中にタイムアタックの申請を済ませました
その実力をニュルブルクリンクで再度証明した時、世界最速の市販車として認知されるでしょう

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ニュルブルクリンク・スーパーカーサウンド

(YouTubeロゴをクリックすると別画面で開きます)

  

マクラーレンF1vs マクラーレンP1

どちらのクルマが楽しいのか、ドライバーの表情が物語っています

  

フォーミュラ・オフロード・マットランド、2012

ノルウェイのオフロードモンスターのレース
800馬力オーバーもいるそうです
北欧ってラリーだけではなくドラッグレースも熱い地域として知られています

  



取り扱いパーツの一覧

お問い合わせ、リクエスト、苦情はこちらまで!

ブログのTOPに戻る
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/01/21(木) 03:26:36|
  2. 外国車
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。