スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

メガスカート

先日の記事で少し触れた汎用DIYフルコン

製品名をメガスカートといいます

英語で書くと Megasquirt

 MSlogo.jpg

"mega"(メガ)には「巨大な」以外にも「凄い」「素晴らしい」といった意味があり、
"squirt"(スカート)は「噴射器」
「注射器」を示す"injector"(インジェクター)に近いです


つまり、直訳で「凄い噴射器」ですね

また、"squirt"は50年以上前の古いスラングで「ガキ」「小僧」なので、
「イケイケの若造」みたいなニュアンスも込めていると思われます

最初の製品、メガスカート1は2001年にアメリカで誕生
2005年にはメガスカート2、2007年には小型化されたマイクロスカート
2010年に最新のメガスカート3がリリースされました

メガスカート2の本体の姿

 MSblack.jpg

そして本体内部とリレーボックス
本体は上の写真とは逆側から見ています

 MSandRelayBox.jpg

前回、「フルコン本体なんて大した電子機器じゃない」って書きました
実際にこうやって基盤を見ても特別な設計ではないと思います

はっきり言ってスマートフォンの方が比較できないほど高度な機械ですが、
価格はフルコンが何倍も高い

しかし

このメガスカートに限ってはとてもリーズナブル
スマートフォン以下の本体価格を実現しています

また、ソフトはいくつも選べます

以下はウィンドウズベースのソフトの画面

MSGui1.jpg

僕個人の感覚ではウィンドウズベースはどうも信用が出来ません

MSGui2.jpg

MSGui3.jpg

フルコンっていうと、どうも配線がごちゃごちゃする印象があるのですが、
図にするとそうでもないですね

MS4NA.jpg
CLT・・・水温センサー
IAT・・・吸気温度センサー
TPS・・・スロットルポジションセンサー

各バージョンの機能や特徴はおいおい書いていきます


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ランボルギーニ・ムルシエラゴR-GT、スパ24時間

2007年のレースの映像
V12の中でも最強の音ですね
今のF1のV8よりも音質がいいと思います

(画面右下のYouTubeロゴをクリックすると別画面で開きます)

  

レッドブル・RX-3、バルバドス

今はロックスターカラーに変わっているこの車
20Bは相変わらず凄い音です
ここはカリブでは恐らく唯一まともなシリーズレースが
行なわれているサーキット

  



お問い合わせ、リクエスト、苦情はこちらまで!

ブログのTOPに戻る

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/07/14(木) 16:51:30|
  2. メガスカート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。