スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ベビーコブラ・40.27

昨日はある車を見せてもらう為、名古屋市守山区にある
BABY COBRA JAPANさんにお邪魔しました

お目当てはこれ、ベビーコブラ・40.27

 BabyCobraup.jpg

驚きました・・・


何がって

全然ベビーなんかじゃない
パッと見た感じ「うわっコブラ!」ですよ
デカいV8を搭載するあの過激なコブラそのものの雰囲気

で、ジロジロ見てみたのですが・・・

 BabyCobraFace2.jpg

やっぱり「コブラ!」でした

テレビや雑誌でご存じの方も多いでしょう
この車はスズキ・カプチーノをベースにしたカスタムモデル

一部を残して加工したモノコックにFRPカウルが接着されています
完全なオープンボディにもかかわらず、ボディ剛性は元のカプチーノの何倍もあり
段差を乗り越えてもミシリとも言わず、ビビリもユガミもしないとのこと

 BabyCobraCowl.jpg

エンジンルームには元の姿が残っていますが

 BabyCobraEG.jpg

内装、外観、全体の雰囲気、もはやこれをカプチーノベースという方がおかしいレベル

 BabyCobraSide.jpg

 BabyCobraIn.jpg

コブラと比べて全幅は同じ、全長は40cm短いとのこと
横に並べても違和感は全くなかったそうです

元々、僕はコブラのデザインは色によっては間延び感があると感じていたので、
ベビーコブラの方がもしかしたらカッコいいかも知れません

下のホワイトのアメリカ製コブラを見て下さい
ちょっとダサイでしょ?

 CobraWhite.jpg

40.27というのはアメリカ式の排気量の表記で660ccを意味します
元のコブラの大排気量仕様は7リッター、427ci
40.27、427・・・凄い偶然!

そして

車重はなんと650kgです
これに過激な音のエンジンが載ったら、さらに痺れるスポーツカーになるでしょう

 BavyCobraFace.jpg

正直、色々とケチがつくのかな、という思いも見る前に多少ありました
なのに、予想以上のデザインと仕上がり

さすがはアートガレージさん

 ArtGarageGasDragster.jpg

うちの近くにこんなキットカーメーカーみたいなところがあったとは・・・
もちろん知ってましたけどね(笑)

代表の村手さん、TFXの冨田さん(あのトップフューエル・ドライバーの冨田さん)
お忙しいところありがとうございました!

 BabyCobraPanel.jpg

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ベビーコブラ、展示会にて

海外メディア向けでしょうか

(画面右下のYouTubeロゴをクリックすると別画面で開きます)

  

シェルビー・コブラ427

短いですがワイルドさが伝わってくる動画

  



お問い合わせ、リクエスト、苦情はこちらまで!

ブログのTOPに戻る

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/07/10(日) 20:05:58|
  2. クルマ全般
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。