スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マジック・メディシン

前回触れたNOSはドーピング感が溢れるチューニング手法ですね


もし、それが誰にもバレずに使えたら…


システム次第、設置方法次第で完璧に隠すことが出来るんですよ

まず、一番目立つボトルですが

NOSのラインナップを確認すると現在ボトルは9サイズ
そのうちカーボン製の5.8キロボトル以外は下の画像で比較できます

NOSbottleSizes.jpg


画像中のアメリカ表記の充填量と外寸を分かりやすく換算してみました
 NOSbottlesizeslist.jpg

小さい方から4サイズはけっこう簡単に隠せそうですね!

もちろん、キットにもなっていますよ

その名もSneeky Pete (スニーキー・ピート)

意味はコソコソするヤツ
本来はSneaky(コソコソ)ですが、わざとスペル変えてます
ソレノイドバルブのコントロールも乾電池で出来るので配線もシンプル

 SneekyPete1.jpg

ライバルのヴェノムからは350グラムのタイプ

 VenomVCN500.jpg
他メーカーには200グラム、29x5センチという更に小さいボトルがありましたが、
350グラムでも5、6秒しかもたないそうです

これらはいわゆる「ドライショット」のキット
ガソリンを追加しないので、キャブを濃いめのジェッティングにしておく
フルコンなら信号を入力すれば、完璧に燃調を取れます

スイッチオンで数秒間だけ数十馬力のパワーアップ

V8用のキャブだとインマニの裏にノズルを隠したり、

 HiddenNozzleNOS.jpg

エアクリーナーの下に余裕で仕込めます

 HiddenNOSinsideCarb2.jpg

 HiddenNOSinsideCarb3.jpg

ボトルだって、ドアの中に入れちゃったり

 Hidden5lbbottleNOS.jpg

内装の中に隠すこともできます
これなんかかなり大きい10ポンド(4.5キロ)ですよ

 NOS20lbhiddenbottle.jpg

エンジンルームもこの通り
絶対にわかりません

 LS1HiddenNOS.jpg

 HiddenNOSHonda.jpg

ストリートゼロヨンでここ一発って時にモノを言うかも知れませんね!

 Mustang-Nitrous-Gear.jpg

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

240Z、キック・エナジー・ラリーチーム

イギリスのヒストリック・ラリーで活躍中の車両
ドライバーはプロラリースト、スティーブ・ペレス

(画面右下のYouTubeロゴをクリックすると別画面で開きます)

  



お問い合わせ、リクエスト、苦情はこちらまで!

ブログのTOPに戻る


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/06/28(火) 00:00:25|
  2. パーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。