スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

STACK

STACK

ヨーロッパを代表するレーシングメーター

 STACKLOGO.jpg

ツーリングカール・マンでの豊富な実績があり、独特のデザイン性と
実用的な高機能で人気です

日本やアメリカの社外品メーターにはない、カタイ雰囲気がありますよね

STACKのデザイン・イメージと言えばこのダッシュ・ディスプレイ


 ST8100.jpg

ストリート・シリーズもカッコいい

 ST8130.jpg


彼らのメーカーサイトに歴史が書かれていたので、ちょっと触れてみましょう

1986年、世界初のタコメーターを2つ発表

1つはステッピングモーターを使ったもの、そしてデーターロガー機能を持ったもの

1987年、F1とインディカーに本格的なデーターロガーを供給

1988年、周回レース用のデータ分析ソフトを開発

1990年、英国デザインアワードを受賞

1994年、ディスプレイ・システムを開発

2000年、ビデオ・ロガーについてSMARTアワードを受賞

2005年、ル・マン出走車のうち51台にSTACKのシステムが採用された

その他、様々なデータロガー関連のシステムやパーツを開発し、
大小たくさんの賞を受けています


でも、この社史には肝心なことが書いてないんですよ

2007年7月13日、STACKはオートメーターとその親会社ハーバー・グループによって
買収されました
ハーバー・グループには150社以上の傘下があるのですが、
STACKはその仲間入りをしたということです
この買収によって多くの部品が共通化され、センサーなどはほとんどオートメーター製になります

当然、「STACKのパーツを発注したのにオートメーターの箱に入ってた!」
なんてことが起こります
日本の代理店であるSARDさんもなぜかこの買収については何も触れていない為、
多少のクレームを受けているのではないでしょうか
STACKっていうだけでけっこう高価ですからね
オートメーターでの品番がわかってしまえば、
かなり割安で同じパーツを入手することが出来るんです

元々、オートメーターはNASCARNHRAで広く採用されてきたメーター

特にNASCARは世界で最も成功しているレース・カテゴリーであり、
オートメーターの社史もSTACKよりも長い

この買収は決してイメージダウンではなく、STACKに箔がついた、と考えるべきです

パーツ供給は良くなるし、豊富な資金によって新製品の開発も進むでしょう


2社の結びつきを形にした製品も既にあります

 ATM6001.jpg
 ATM6013.jpg

こっちを見ちゃうとSTACKがやけにあっけない姿に感じるんですが

・・・好みの問題かな

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

R33スカイライン、トミーカイラM30エンジン

RB30に26ヘッドを組んだNAエンジン
L型との音の違いに興味があって探してみました
やっぱりRBだなって音質ですね

(画面右下のYouTubeロゴをクリックすると別画面で開きます)

  

ムルシエラゴ VS チューンド80スープラ

ムゴ「ヘイ!お前のスープラさあ・・・あっ空にUFOが!」
スラ「えっ?!マジで?どこどこ~」
ムゴ「いまだ!」(アクセル全開)
スラ「・・・あれっ?お~い待てよ~!」(ぶっちぎり)

繰り返す

  



お問い合わせ、リクエスト、苦情はこちらまで!

ブログのTOPに戻る

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/06/23(木) 00:59:08|
  2. パーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。