スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サイアミーズ・ドリーム

前回に続き、タイでの滞在記

今回は皆さんお待ちかねのナイトライフ編です

10日(金)の晩、現地の友人、P君がお迎えに来てくれました
ちなみに彼の車はトヨタのミニバン
タイは自動車の輸入税が凄いので、それなりに高かったことでしょう

ここで僕らは以前から行きたかったある場所に連れていってもらえないか、
お願いしてみることにしました

「P君、金曜の晩だし、今夜は例のトコロに行けないかなあ?」

熱い思いを告げた僕

「はい!少し遠いけど問題ナイね~!」


ニヤリと笑みを浮かべ、すぐに車を出してくれたP君

本当にイイ奴です

上海のS君、バンコクのP君
彼らのおかげで両国民のイメージは常にハイブースト状態
僕らも日本で外国人に親切にしないといけませんね

アバウトに走るバイクとトゥクトゥクを巧みに避け、夜の街を進むP君
並走する車両が流木のようにランダムに流れる上海とはまた違います

途中、池に浮かぶレストランで夕食
不思議なことにこんな水辺でも全く蚊がいません
実に快適で、この後の時間に向けて気分がさらに盛り上がります

 Bkkniterest.jpg

ローカル・シンガーのショー
激しいダンス、盛り上がる客

 Bkkniterest2.jpg

タイ料理をがっつり食べ、勢いをつけて目的地へ!

すると

・・・道はどんどん暗く、怪しい雰囲気に

 Bkkniteroad.jpg

「もうスグよ~!」

常時明るいP君の声を信じ、得体の知れない暗闇を突き進むと

そこには・・・!

僕らの桃源郷が待っていました

 DragAvenue1.jpg

バンコク・ドラッグ・アベニュー

バンコク中心部から1時間強の位置にあるドラッグストリップ

つまりドラッグレース専用のサーキットで、こういう所に来たのは12年ぶり
ジュン・オートセールスの原さんとカリフォルニア州ポモナでNHRA観戦をして以来のこと
今回はOMRの大坪さん、フルチューンの32Rに乗る奥村君と一緒です

そしてナイトレースが出来るコースは初体験!

 DragAvenue2.jpg

 DragAvenuecorse.jpg

この日は練習日
夕方までけっこうな雨だったこともあり、すごく空いてるとのこと

にもかかわらず、順番待ちの車は長蛇の列

 DragAvenuecars1.jpg
 DragAvenuecars2.jpg
 DragAvenuecars3.jpg

お気付きだと思いますが、ピックアップ・トラックがとても多いのが特徴

 DragAvenue4.jpg

特にいすゞの現地生産車、D-MAXが大人気
カッコいいですからね~

 DragAvenueDmax1.jpg
 DragAvenueDmax2.jpg

他には日産・セフィーロが目立ちます
エンジンは決まって1JZか2JZ
RB26はすぐに壊れるから不人気だそうです
逆に言うと壊れる造りでしか出来ないのが現在のタイのレベル

 DragAvenueCefiro1.jpg
 DragAvenueCefiro2.jpg
 DragAvenueCefiro3.jpg

車のオーナーに声をかけまくったんですが、英語が話せる人がほとんどおらず
会話になりません
ホースパワー(馬力)って単語すら通じない・・・

そんな中、あるセフィーロのチューナーが元気に「900ホースパワー!」
って答えてくれました
さらに彼は「ミスターPの友達ですか?」とたどたどしく僕に質問してきます

ミスターP・・・もしかしてP君のこと?!

本人に確認すると

「そうです~!ボクは有名ですよ~!」

愉快なタイ人、P君はここでは一目置かれる存在みたいです(笑)
そして、「さっきの900馬力セフィーロはせいぜい700馬力」と教えてくれました

それにしても夜のサーキットってイイですね
シンガポールのF1ナイトレースも観に行きたくなってきました

 DragAvenuesmoke.jpg

S15顔のシルエイティ

 DragAvenuesil180.jpg

荷台に載せられたフージャーのスリック

 DragAvenueHoosier1.jpg

タイヤスモークと混じるディーゼルターボの黒煙、横切る奥村君

 DragAvenueO.jpg

このコースは3年前に死者多数の事故を起こしています
僕が写真を撮りながらうろうろしてたあたりが現場
救急車が渋滞にはまって重傷者も全員亡くなったらしいですよ

生々しい写真はこちら
脳ミソが見たい人はクリックしてください
「ピンクのシャツ&イエローの下着」の死体が映ってますが、
ピンクは王様の健康を願う色、イエローは王室の色だと後で知りました
彼の冥福を祈ります


23時に走行は終了

P君の友達が経営するクラブ兼ライブハウスに立ち寄ってから帰路につきました

 Bkklive.jpg

最高に楽しかった一夜

まだまだ粗だらけのタイのドラッグシーンには
やらなきゃいけないこと、新たにやれることがたくさんあります
タイムもまだ大したことないし、エンジン壊しまくってます

ただ間違いなく日本より上なのは

専用コースがいくつもある
ナイトレースが出来る
施設の利用代金が安い
酷い事故を起こしても規制がかからない
日本の車検のような厳しいチェックがない
もちろん雪は降らない

そして何より、レースをしたい人、観たい人がいっぱい



ここには何度でも来てみたいし、他に少なくとも3ヶ所はあるという
ドラッグストリップ全部を観てみたいですね

日本のドラッグシーンが終わりかけなのは震災の影響だけじゃないですよね
僕の好きなあるマイナースポーツも同じように絶滅の危機を迎えていますが、
どちらも同じ理由を抱えている気がします

タイには大きな自由とエネルギーがありました

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

RAM77、プロストック・スープラ

タイのトップレベルのドラッグ・チューナー、RAM77
このスープラは7.9秒、プロR32で8.3秒、プロストック・セフィーロで8.5秒

(画面右下のYouTubeロゴをクリックすると別画面で開きます)

  

ドラッグ・アベニュー、プラクティス

僕の古い携帯で長々と撮ってみました
最後のバイクが面白かった
100ccの2ストで9秒台を出す子供もいるそうですよ!

  



お問い合わせ、リクエスト、苦情はこちらまで!

ブログのTOPに戻る

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/06/17(金) 03:13:26|
  2. 海外にて
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。