スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

OEMジェッティング

最近、新品ウェーバーに装着されているジェットの内容についてよく質問を受けます

ここでは、とりあえず一般的な内容のみ羅列しておきます

・・・よく見ると「なんで!?」ってサイズの部分もありますね
44と48IDFのポンプジェットとか謎のままずっときてますし



サイドドラフト  メイン/エア/エマルジョン/ポンプ/アイドル/ニードルバルブ/ベンチュリ

45DCOE     145 / 155 / F16 / 45 / 55F8 / 200 / 36      

48DCO       180 / 160 / F9 / 45 / 60F8 / 250 / 42

50DCO       180 / 180 / F9 / 45 / 60F8 / 250 / 46

55DCO       180 / 180 / F9 / 45 / 60F8 / 250 / 48

ダウンドラフト

44IDF   125 / 210 / F11 / 55 / 60 / 175 / 36

48IDF   165 / 190 / F11 / 40 / 65 / 200 / 45

48IDA   135 / 120 / F7 / 50 / 70 / 200 / 37

その他のモデルについてはここをご参照下さい



ところで、なぜ新品ウェーバーにはあんなフューエルインレットが装着されてるのでしょうか・・・

45x55.jpg

最低限、ホースにつなげられる形状のをつけてくれればいいのに、現状のパーツは全くの無意味!
逆にメクラ蓋にでもなっていたらまだ納得も出来ます

細かいパーツにも金出せよってことなんでしょうけど・・・

40~55Φまで、新品にはもれなくこの役立たずインレットがついてきちゃいます

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

意外なことに北欧ってドラッグレースが盛んなんですよ
空冷ワーゲンやアメリカンV8のドラッグマシンもたくさんいます

そしてこれはノルウェーでの走行会、爆音をたてて走るアルコール・ファニーカー

来月10日のBERCでも数台のファニーカーが見れるみたいです
こういうイベントに行くのは10年ぶりぐらいなのでとても楽しみにしてます

(YouTubeロゴをクリックすると別画面で開きます)




ランボルギーニ・ムルシエラゴR-GT
FIA-GT車両のテスト風景
さすがレーシングカー、直管V12最高です!
フェラーリのV12よりずっと音がいいですね




ムルシエラゴってどう見てもオーバーデザインだと思いますが、
ハリボテの下には古いシンプルなスチールパイプフレームが隠れています
エンジンと共にカウンタックからの設計を引き継ぐ古典的スーパーカーの生き残りなんですね
ちなみにランボルギーニ史上最大のヒット作、ガヤルドとは見た目以上に別物

街中で轟音を響かせながら走ってる姿を見るとめちゃくちゃインパクトあります
ランボルギーニのフラッグシップモデルはバカバカしくないと務まりませんから(笑)



お問い合わせ、リクエスト、苦情はこちらまで!

ブログのTOPに戻る
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2010/09/24(金) 08:21:54|
  2. キャブレター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。