スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

SA22C

SA22C

言わずと知れた初代サバンナRX-7、通称SA

1978年のデビュー当時、日本では際立ってスポーティなデザインでした

トヨタ2000GTに続いて採用されたリトラクタブルヘッドライト、
低く長いノーズと短いキャビンはスポーツカーらしさいっぱい

1975年にデビューし、FRデザインの基準となったポルシェ924の影響は大きく、
30Z同様、プアマンズ・ポルシェの称号をもらってしまいましたが、
現在の海外での評価はSAの方がずっと上ですね

 sa22cyellow.jpg


RX-3の時もそうでしたが、後発でマイナーなロータリーのマツダはSAで攻めに出ます

アメリカのIMSAに積極的に参戦、GTUクラスで圧倒的な勝率を記録
このクラスでのライバルはポルシェや130Zでした
よく「GT-R50連勝」に対して「サバンナ100勝」と言うのはIMSAでの戦績のこと
IMSAで勝ちすぎたことが、他カテゴリーでのロータリーいじめ的な
厳しいレギュレーションの一因にもなっています

 sa22csimsagtu1979.jpg

さらにモンスターマシンがひしめいたグループB時代のラリーにも参戦
もはやFRマシンが通用するレベルではなく、特に目立った結果は出ていません
グループB車両って今でも人気があってヨーロッパのローカルラリーに出たりします

 sa22cgrb.jpg

幻のグループSの4WD仕様SAまで用意されてました

 sa22cgrs.jpg

関東と比べて中部地方には古いロータリー車が少ないと思います

・・・が、うちから10分のご近所に潜んでましたよ

とてもキマったSAが!

 SAfront.jpg

オーナーのAさんは10年以上前からの知人
以前は30Zに乗っていて、ひょんなことで再会を果たしました
Zからロータリーって珍しいですよね

携帯で雰囲気だけ見せてもらってたんですが、現車は画像以上の仕上がりで感心しました
ガレージは完全にSAのための贅沢な空間

 SApphousing.jpg sarotor.jpg

なんと排ガスを外に出すダクトまであります

 SA22Cex.jpg


オーナー曰く

「雨の日も暑い日も乗れない」そうです

理由はコレ
FRPドア、アクリルウインドー、スライダー

 SAslider.jpg
 SAdoor.jpg

ムダを排除したインテリア

 SAin.jpg
 SAmeter.jpg

燃料タンクとポンプ、コレクタータンクまでばっちり

 SAfuelcellup.jpg
 SAfuelcellside.jpg

実際に計測したところ、車重はわずか860キロ
かなり軽い!

そして、エンジンは

 SAenginleft.jpg

見ての通り、現在はペリではありません

隠れてあまり見えないキャブはウェーバー48IDA改51Φ

 SAengineup.jpg

シンプルにまとめられ、実にカッコいいこのSA

 SA22Cmirror.jpg

「ここに過激なエンジンを載せましょう!」とオーナーさん&専属メカニック氏に
しつこくお願いしちゃいました(笑)

sahood.jpg

今後、どう進化していくか追いかけていくつもりです

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

RX-7、IMSA100勝の軌跡 Vol.1

安心の日本語動画
続きの2本はこちらから → Vol.2Vol.3
面白かったのでじっくり観ました

(画面右下のYouTubeロゴをクリックすると別画面で開きます)

  

4ローター、ペリ、エンジン始動

もっと長く観せて欲しい・・・

  



お問い合わせ、リクエスト、苦情はこちらまで!

ブログのTOPに戻る

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/05/10(火) 15:53:55|
  2. ロータリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。