スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ダーティ・コピー

1992年にイタリアでの製造を完全に終えたウェーバー

現在の主要キャブレターは一貫してスペインで製造されています

reflcngif.gif

でも他の国でコピーされ、叩き売りされてる違法ウェーバーもあるんですよ

どうせなら、もっと価値のあるものをコピーしたらいいのに・・・


コピー対象になっているモデルは多いのですが、中でもIDFDCOEが目立ちます

IDFはダンドラの一種で、ロータリーで定番だったIDAよりは若干マイルドなモデル
V8や空冷VWでも充分な実績があります

DCOEはサイドドラフトの代表的モデルで、
日本ではミクニ製ソレックスと長年比較されてきたウェーバー、と言えばわかりやすいでしょうか

コピーの舞台は案の定、中国

アリババで「WEBER」と検索するだけで出るわ、出るわ

IDF
refidfscopy.jpg

DCOEの有名なコピーであるFAJS(左)と規制前の本物DCOE(右)
reffajs1.jpg

単価4000円~、最小ロット50個~、って具合で堂々と売られています

こんな違法商品を扱う会社を日本人に紹介しちゃうアリババ、
大株主ソフトバンクのモラルのなさは相変わらずですね

デジタル家電等、魅力的な商品もあるので、個人的にアリババは好きなんですけど

ただし、コピー・ウェーバーの品質はダメ

海外のウェーバースペシャリストの調査によると、

プログレッションホールの加工精度が悪い、ジェットのシート部分の面が出ていない、
バリが残っている、各パーツの造りが大雑把、見た目が粗い、などたくさんの問題点がありました

例としてスモールベンチュリ

右:純正、左:コピー
refvenchuri2.jpg

要するに粗悪品の域

ベンチュリなんかだと加工したら何とかなりそうですが、
内部の加工がいい加減なキャブって一番困る
圧が逃げちゃダメなところがスカスカだったり、エアや燃料が通らなかったり・・・
セッティング以前の問題だし、トラブルシューティングもすごく大変

さらに本体だけではありません
ジェットやエマルジョンチューブも安価に製造されています

こちらも同様の調査結果では、ジェットで10番近くまちまちな個体差があり、
エマルジョンだとインナーの口径が1mm以上ズレていることが判明

refwebjetscopy.jpg

ヤフオクでこういうの安く売ってる人がいますけど、大丈夫なんですかね

本家のウェーバーはイタリアからスペインに鋳造や加工の設備を移動し、非常に真面目に製造に取り組んでいます

特に2005年以降、LCNという会社が製造を担当してからはとても良い感じ

reflcn.jpg

LCNはスペインにベースを置く自動車部品製造の大手
彼らのファクトリーにおけるウェーバー製品の割合は10%以下
ISO9001も取得し、全てのパーツに対して厳しい品質管理を行っています

reflcncheck.jpg

例えばキャブレター本体だと、流体を利用した加圧検査が全製品に対して実施されるので、
中国製のコピーのような本体内部の異常が非常に少ない

燃料の管理って手を抜いていいところじゃありません

新品のウェーバーであれば、LCNのロゴが入った本物を選んでくださいね!

relcnlogo.jpg

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

MR2、ホンダエンジン

900馬力のホンダエンジンを積んだMR2
コルベットから換装したLS1ターボのFD、1300馬力のGTRをぶっちぎり

(YouTubeロゴをクリックすると別画面で開きます)

  

スーパーカーサウンド・2013

ほとんど良い音ですが
カイエン、マスタング、ロータス、BMW335、ベンツなんかは
混ぜるべきじゃないと思うんですね

  


取り扱いパーツの一覧

お問い合わせ、リクエスト、苦情はこちらまで!

ブログのTOPに戻る
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/04/17(木) 21:50:55|
  2. キャブレター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。