スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ラクサマナ・ジョホール

すこぶる眠いイベントに落ちぶれてしまったF1グランプリ
小排気量のV8、V6ターボとどんどん魅力を失っているわけですが、
市街地コース、さらにナイトレースとなると俄然興味が湧きます

refsggpgif.gif

昨年、その条件を満たすシンガポールGPのVIP席に招待され「かけ」ました



シンガポールGPまで数週間と迫った昨年の8月末、招待者からメッセージが来ました
「申し訳ないがシンガポールGPの件はキャンセルだ。スルタンの息子に癌が見付かった。」

この数ヶ月前、ジョホール・スルタンの重要なビジネスパートナーとふとしたことで知り合い、
特殊なプロジェクトの為にある人達を日本から連れてきて欲しいということになっていました
そして、スルタンがシンガポールGPを観戦するのでその時に話を進めよう、と
もちろんVIP中のVIPエリアで一緒に観戦できる、はずだったんです

残念ながらそのままこの話は流れ、既に一年以上が経過

昨夜、スルタンの息子、つまりジョホールの王子が肝臓癌によって亡くなりました

トゥンク・ジャリル、享年25歳
とても人気の高い第3王子でした

tunku-jalil.jpg

昨年の12月に肝臓移植を受け、最善の治療を受けて何とか延命
しかし、先月には「王子が亡くなった」というデマが流れてスルタンが激怒

ジャリル王子は動物園で3年間勤務したという実績を持ち、
いろいろと問題を起こす父や兄とは毛色が違う穏やかな好青年だったようです

ジョホール州にはマレーシアからの独立とシンガポールとの合併という噂が耐えません
1819年まではシンガポールは旧ジョホール王国の一部でしたし、今の王の性格を考えると
独立を目指すところまでは確定的でしょう
王子の闘病生活も終わり、喪が明けてしばらくしたら何らかの表だったアクションが
出てくるような気がします

今日の葬儀ではスルタンや王族の悲痛な様子が伝わってきました

refsultancremony.jpg

また、昨夜のブンデスリーガのゲーム前にもジョホールのチームと提携しているドルトムントが
1分間の黙祷を捧げました

refbvblil.jpg

正直言って、癌と聞いた時はキャンセルの言い訳と半分くらい思ってましたが、
悲しい結末で全てが事実だったと知ることになりました

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ブラック・フライデー、モールの廃墟でのドリフト

(画面右下のYouTubeロゴをクリックすると別画面で開きます)

  



取り扱いパーツの一覧

お問い合わせ、リクエスト、苦情はこちらまで!

ブログのTOPに戻る
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/12/06(日) 21:30:24|
  2. 海外にて
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。