スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ベースメント・カウンタック

スーパーカーの親玉、カウンタックのオーナーにも色んなタイプがいるみたいですね

アメリカの富豪は自宅の壁に本物のドンガラを飾りました

1974counthonwall.jpg

続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/01/30(月) 07:00:00|
  2. パイプフレーム

アペックス・シール

MAZDAは少なくともオーストラリア、ニュージーランド、プエルトリコ辺りの
ドラッグレーサー達にとっては一流ブランドです

rx2dragside.jpg

昔々、ベンツやGMの様な大会社が断念した技術にしつこく食らいつき、
ついにそれをモノにしてしまった
更にル・マンというヨーロッパの聖地を4ローターの爆音で蹂躙した痛快さ

続きを読む
関連記事
  1. 2012/01/29(日) 00:00:43|
  2. ロータリー

フェラーリ・ドラッグスター

フェラーリマニアにしか知られていない名前かもしれません

ボブ・ノーウッド

ギネスブックに認定された137個の記録、そのほとんどをフェラーリと共に達成した男

彼の活躍したいくつものステージの一つがドラッグストリップであり、
本格的なフェラーリのドラッグマシンを走らせてました

もちろん、360モデナにターボをつけて10秒台で走ったとか、そういうんじゃありませんよ

この画像を見ればわかるでしょう
当時のプロストック・レギュレーションに合わせたガチのパイプフレームです

norwood308Drag4.jpg



続きを読む
関連記事
  1. 2012/01/28(土) 00:22:52|
  2. カリスマ達

ハヤブサV8・スペック

これまでに多数のお問い合わせをいただいている、ハヤブサV8

ハヤブサV8
 busav81.jpg

極めて軽量コンパクトでありながらパワーと耐久性を備える、ある意味最強の選択肢
3リッター未満ではライバルは存在しないと言えるほどの優秀さです

続きを読む
関連記事
  1. 2012/01/27(金) 07:30:59|
  2. エンジン

AMC・ペーサー

AMCは1954年にスタートした米国の自動車メーカー、
アメリカン・モーターズの略

ビッグ3(GM、フォード、クライスラー)に比べて歴史の浅いAMCは、
コンセプトモデルに力を入れるなど、独特の立ち位置を模索しました
最終的にルノーに買収(1979年)されてしまうんですが、
個性あるモデルをいくつも残した、僕のお気に入りのメーカーです

特にホーネットジャヴェリンはけっこう売れたし、レースでも活躍しました
今でもレストアベースとして人気

ホーネット(ドラッグマシン)

Hornet1.jpg

続きを読む
関連記事
  1. 2012/01/23(月) 07:30:14|
  2. 外国車

RBスワップ(アルミオイルパン)

ロングノーズの代表格のようなS30Z

エンジンルームは広く、大排気量のV8を載せた車がたくさん存在し、
中にはV12を載せたヤツすらいます

もちろん同じ日産の直6、RBなんて楽勝、楽勝♪

・・・と思ったらオイルパンがクロスメンバーに直撃!

避けないことには搭載は不可能、と前回にも書きました

そこでRB20を載せたZ31、200ZRの純正オイルパンの出番となるのですが、
既に生産を中止したパーツに頼るわけにもいきません

早速、見付けてきたのがこのオイルパン
そうです、放熱性に優れたオールアルミ製

rbpan5.jpg

続きを読む
関連記事
  1. 2012/01/22(日) 01:18:08|
  2. エンジン

RBスワップ(S30Z)

ふと気付けばデビューから43年も経っている30Z

僕にとってはいまだに現行車扱いのFD3Sですら20年以上だし、
AE86だって30年近いんですよね

最近はRBを30Zに載せるスワップも当たり前になってきました
確かにL型はおもしろい
でもインジェクションで快適に乗りたいという気持ちも理解できます
某チューナーのようにRB30ターボを積んだモンスターZを作るのも楽しいでしょう

OMR30Z.jpg

ただRB搭載にあたってはちょっと問題もあります

続きを読む
関連記事
  1. 2012/01/20(金) 02:18:09|
  2. エンジン

ワイドフェンダー

ダリウスZが装着しているS30Z用のワイドフェンダー

アメリカのレース統括団体SCCAやかつてのIMSAのレギュレーションに沿ったもの

ワイドボディのド派手なZをいくつか集めてみました

まずはダットサンカラーとフレアがミックスされたSCCAレーサー
フェンダーが控えめに見えるのは色のせい?

redblueZscca.jpg

続きを読む
関連記事
  1. 2012/01/13(金) 08:30:14|
  2. 国産車

デロリアンDMC-12

バック・トゥ・ザ・フューチャーでも有名なカルトカー

デロリアンDMC-12

ほんの短時間でしたが、実車に触れる幸運に恵まれました
場所は千葉県の某所

DeLoreanSide1_s.jpg

続きを読む
関連記事
  1. 2012/01/12(木) 07:30:17|
  2. 外国車

ダリウスZ

アメリカの有名なスタント・バイカー、ダリウス・カシャビ

彼のコレクションの1台、240Zは海外のZカーファンの間ではよく知られています
2000年に完成した「ダリウスZ」、その派手な姿がこちら

DariusZfronthood.jpg

続きを読む
関連記事
  1. 2012/01/10(火) 07:30:13|
  2. 国産車

前期型

1970年

オイルショック直前のこの頃、世界には刺激的な車が溢れていました

フェラーリはデイトナ、ランボルギーニはミウラ、ポルシェは911ナロー
アメリカンV8も排気量アップ、パワーアップの一途を辿っていて
C3コルベットやマスタングが爆発的に売れていました

日産がS30Zを発売したのもこの時代(1969年)
低く抑えた価格とそのルックスで世界的な人気車になります

s30zandbusa.jpg

続きを読む
関連記事
  1. 2012/01/08(日) 07:30:05|
  2. 国産車

サイゴン・ロックス

ベトナムの通貨はドン

現在のレートは10万ドン=365円、もしくは1万円=274万ドン
ゼロが多くて初めはワケがわかりません
でも、ちょっと慣れてくるとあることに気付き、けっこう快適なんですよ

それは「ベトナムでは硬貨を使わない」という事実
実際は硬貨も存在はするのですが、通常は紙幣でのやり取りのみ
「硬貨なんてなくていいや」って感じになってきます

そのベトナム

とても明るい未来が待っていると思います
中国の次の「世界の工場」になれる素質がたっぷり
街には活気があり、若者が圧倒的に多い
法律がもう少し緩んだ時、大量消費が発生して続々と富裕層が生れることでしょう

続きを読む
関連記事
  1. 2012/01/07(土) 07:30:08|
  2. 海外にて

ケンメリ・USA

過激なエンジンスワップのベース車両として1台のケンメリをご紹介しました

雑誌にも2度載ったこの車両
その後の進展はなかなか報告出来ません

原因は技術的なことではなく、OMRさんのギッチリ埋まった多忙なスケジュール
本当に引っ張りダコの身なんですよね
このブログで既に触れたこと、まだ書けないこと
同時進行で色んなプロジェクトが進行しています

そんな中、相変わらずのん気に海外ネタを書いている僕

バンディミア・スピードウェイのことを調べていたら、偶然にも刺激的な1台を発見!

まあ、見てください

knmrusa1.jpg


続きを読む
関連記事
  1. 2012/01/06(金) 07:30:53|
  2. 国産車

トラック・クーリング・システム

大雑把と合理性の国、アメリカ

理屈を単純に考え、安易に形にするのが彼らの良いところ

ドラッグレースを例に挙げると

もっと速くしたい → 排気量アップ

シフトミスを減らしたい → オートマに換装

タイヤがグリップしない → 松ヤニを路面に塗る

路面が熱すぎる → 水で冷やす



路面を水で冷やす?!

続きを読む
関連記事
  1. 2012/01/05(木) 15:45:26|
  2. ドラッグレース

ソーシャリスト・リパブリック

年末年始にかけて、弟の結婚式でベトナムに行ってました

海外で新年を迎えたのは2回目、21年ぶりのこと
冬に熱帯に行けるだけでも嬉しいのに、ベトナムって国は前から興味があったので
かなり楽しみにしてました

今まで行ったすべての国(中国含む)の食事にそれなりに満足してきた僕
それでもベトナムの様に行く前から食べ物がうまいってわかってる国は
さらに期待が大きくなります

結婚式の供え物の一部
奥に子豚の丸焼きが・・・もちろん後で美味しくいただきました!

weddingvn1.jpg

続きを読む
関連記事
  1. 2012/01/03(火) 21:00:57|
  2. 海外にて

インライン6・エボリューション

遅ればせながら、明けましておめでとうございます

マヤ暦では今年は終末の年だそうですね

でも、僕にとっては今年は新しいものをたくさん見れるチャンス、と思っています

前に告知したように、OMRさんのタイでのレース計画が進行中
関係各位の勢いを見ていると、けっこう大規模になる可能性を感じます

そして個人的にとても楽しみにしていること

それは、あるエンジンのデビュー

着々と必要なピースが揃ってきており、どうやら技術的なハードルも
クリアしているようです

続きを読む
関連記事
  1. 2012/01/02(月) 00:00:14|
  2. エンジン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。