スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

NHRA、IHRA

ドラッグレースの本場、アメリカ

ドラッグレースの統括団体はいくつもありますが、中でもNHRAは最もメジャーな存在です
そして、次に人気があるのがIHRA

僕は1998年にロサンゼルス近郊のポモナで初めてNHRAを観ました
ジュンオートセールスの原さん達と一緒でした

アメリカ国歌の演奏が始まり、胸に手を当てて観客みんなで大合唱
歌い終わったのと同時にトップフューエルのバーンナウト!
本当にカッコ良かったことを覚えています

続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2010/10/31(日) 19:02:07|
  2. ドラッグレース

グロスジェット2

グロスジェットに戻ります

まずは比較写真をいくつか

ウェーバー用とソレックス44Φ(4型)用

GJ WS bestshot sub

続きを読む
関連記事
  1. 2010/10/24(日) 17:19:47|
  2. キャブレター

エマルジョンチューブの種類

エマルジョンチューブ

ソレックスだとジェットブロックにあたる重要なパーツ
エマルジョンとは本来は「乳液」とかって意味で、英語では「イマルション」と発音します

上部にエアジェット、下部にメインジェットがつき、それぞれのジェットで計量された空気と燃料は
エマルジョンチューブで混合され、負圧によってスモールベンチュリから吸い出された混合気は
インマニ、ポートを介して燃焼室に到達します

エマルジョンチューブには20近くの種類があるんですが、純正にはF7、F9、F11、F16などが多いですね
バリエーションがあるのにはもちろん理由もあり、内径やエマルジョンホールと呼ばれる穴の配置や数、向きなどで特性が異なります

various ET

続きを読む
関連記事
  1. 2010/10/20(水) 03:19:38|
  2. キャブレター

ニードルバルブ

前回、グロスジェットの紹介をしましたが、
続きを書く前に、ニードルバルブの説明を簡単にしておきます

ニードルバルブにはキャブレターのセッティングにおいてとても重要な役割があります
ウェーバーやソレックスなどのキャブレター内部には一定量の燃料を貯めるフロート室(チャンバー)があり、
そこにフロートが浮いている構造です
燃料はニードルバルブを通過してフロート室に入り、一定量に達するとフロートがニードルバルブを
押し上げてシャットダウン
これを繰り返して油面レベル(フロート室内の燃料量)を保つわけですね

何のために油面レベルを保つのか・・・
それはアイドルジェット、メインジェット、ポンプジェット、つまりエアジェット以外の各ジェットに
燃料を安定供給するためであり、アイドル系統とメイン系統での燃料と空気の混ざり具合
油面レベルの影響を大きく受けます

続きを読む
関連記事
  1. 2010/10/07(木) 09:04:43|
  2. キャブレター

グロスジェット

グロスジェットってご存知ですか?

僕はコイツを10年以上前にアメリカの車雑誌の後ろの方にチラッと見かけ、
ずっと興味を抱いていました

gj big

続きを読む
関連記事
  1. 2010/10/04(月) 08:12:06|
  2. キャブレター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。